H29年度、部活動などでの重大事故は6件…うち4件が死亡事故

教育・受験 先生

平成29年度(4月~8月)に発生した学校体育活動中のおもな重大事故
  • 平成29年度(4月~8月)に発生した学校体育活動中のおもな重大事故
  • スポーツ庁
 平成29年度4月~8月に発生した学校体育活動中の重大事故は6件あり、このうち4件で生徒が死亡していることが、スポーツ庁が10月30日に公開した資料により明らかになった。重大事故は部活動中が5件、授業中が1件であった。

 資料「体育活動中の事故防止等について」は、10月4日に文部科学省で開催された平成29年度 第1回「都道府県指定都市スポーツ主管課長会議」にて配布されたもの。

 資料によると、平成29年度4月~8月に発生した学校体育活動中の重大事故は6件。このうち4件で事故に遭った生徒が死亡していることがわかった。

 部活動中の事故は5件あり、いずれもランニングやトレーニング中に発生。心室細動など致死的不整脈で死亡した事故が、中学校で2件、高校で2件あった。8月に発生した事故では、熱中症の発生が予見される状況下で長時間のランニングを行わせ、熱中症による脱水症状となり意識不明の重体になった事例も報告されている。

 授業中に発生した事故は1件。跳び箱を開脚飛びで跳ぼうとして両足で踏み切り、両手は跳び箱に着手したものの、体勢が崩れて前方のセーフティマットに頭から落下し、頸椎の脱臼で緊急手術が行われたという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)