【センター試験2018】志願者数58万2,669人、現役志願率は過去最高…848大学が利用(確定)

教育・受験 高校生

大学入試センター試験 志願者数・現役志願率の推移(平成29年12月8日作成) (c) リセマム編集部
  • 大学入試センター試験 志願者数・現役志願率の推移(平成29年12月8日作成) (c) リセマム編集部
  • 平成30年度(2018年度)大学入学者選抜大学入試センター試験の概要(全体スケジュールや教科・科目などについて)
  • 平成30年度(2018年度)大学入学者選抜大学入試センター試験 試験の時間割
 大学入試センターは平成29年12月8日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の確定志願者数および利用大学、短期大学数を発表した。平成30年度大学入試センター試験の志願者数は58万2,669人で、前年度(平成29年度)より6,702人増加した。現役志願率は44.6%と、過去最高。
※編集部追記:平成30年1月12日、確定志願者数に変更がありました。変更後の確定志願者数は平成30年1月12日に紹介しております。(平成30年1月12日追記)


 志願者数の内訳を見ると、平成30年3月の高等学校等卒業見込者(現役生)は47万3,568人(平成29年度比1,726人増)、高等学校等卒業者(既卒者)は10万3,948人(同4,830人)、その他高卒認定などは5,153人(同146人増)だった。平成30年3月に高等学校等卒業見込みの現役生のうち、センター試験に出願した者の割合を示す「現役志願率」はセンター試験が実施された平成2年度(1990年度)入試以降、過去最高の44.6%だった。なお、これまでの志願者数最多は平成15年度(2003年度)の60万2,887人。

 大学入試センター試験利用大学および短期大学は合計848大学。大学は697大学(国立82大学、公立89大学、私立526大学)、短期大学は151大学(公立14短期大学、私立137短期大学)だった。合計利用大学数は、平成29年度(2017年度)の過去最高848大学と同じだった。

 平成30年度の大学入試センター試験の実施期日は、平成30年1月13日(土)と14日(日)。追・再試験は1月20日(土)、21日(日)に実施する。得点調整実施の有無は1月19日(金)に発表予定。受験者数や平均点、最高点・最低点や標準偏差値などの中間発表は1月17日(水)を予定している。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)