香川大と富士通、特別支援教育を遠隔支援する実証研究

教育ICT その他

専門家が授業のようすをVRで確認する(イメージ)
  • 専門家が授業のようすをVRで確認する(イメージ)
  • 実証研究の流れ
 香川大学と富士通は2018年1月31日~3月31日、障がいがある子どもたちの教育に携わる小豆島地域の小学校教員や支援員などを対象に、特別支援教育の専門性向上を目的とした実証研究を行う。

 香川大学教育学部の坂井研究室と宮崎研究室は、ICTを利活用した教育と支援を実践している。富士通は、障がいの有無に関わらず誰もが共に学べる「インクルーシブ教育」システムの構築に向けて、特別な支援が必要な子どもたちの学習や生活にICTを取り入れ、その有用性を確認してきた。

 日本政府は、インクルーシブ教育を実現するうえで、すべての教員が特別支援教育に関する一定の専門性を有することをあげている。その専門性を確保するために、教育現場では教員や支援員に対する特別教育の専門家による指導のニーズが高まっているという。

 実証研究は、特別支援教育の専門家がICTを活用して離島や僻地の教員や支援員を遠隔から支援することで、専門性向上につなげることが目的。小豆島地域において、特別な支援を必要とする子どもたちの教育に携わる教員や支援員など約40名を対象に行われる。

 実証研究では、特別な支援を必要とする子どもたちの授業のようすを教室内に設置した全天球カメラで撮影し、専門家が遠隔からそのようすを360度のVR映像で確認。教員や支援員の子どもたちに対する指導の仕方など、専門家が実際の現場に近い状況を共有することにより、離島の教育現場へより的確なアドバイスができる。

 専門家から教員や支援員への指導には、テレビ会議システムを使って画面越しに対面で行うことにより、スムーズな意思疎通を実現する。授業では、タブレット端末に表示されたイラストを選ぶことで特別な支援が必要な子どもたちが自分の気持ちを簡単に伝えることができるアプリケーションを活用し、撮影した映像と照らし合わせることで、その時の子どもたちの気持ちの解釈や必要な支援など、専門家から教員へのより高度な指導が可能になる。

 香川大学と富士通は、実証研究で得られた遠隔支援の有用性について、全国の教育機関などに対して成果を広く公開する予定だという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)