見えるかな?2018年1月31日の月食は「スーパーブルーブラッドムーン」

生活・健康 その他

ディスカバリーチャンネル
  • ディスカバリーチャンネル
  • 国立天文台「皆既月食」
  • NASA
 皆既月食が2018年1月31日夜に日本全国で見ることができる。今回は「スーパー・ムーン」「ブルー・ムーン」「ブラッド・ムーン」の3つの事象が重なる「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」が観測できそうだ。

 ドキュメンタリー専門番組のディスカバリーチャンネルによると、1月31日の月食は、複数の稀な月観測状態が重なった「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」にあたる

 スーパー・ムーン」は、天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていないが、多くの場合「とても大きな満月」という意味で使われている。NASAによると、1月31日の月は14%大きく、30%明るく見えるとされている。

 「ブルー・ムーン」は、1か月の中で2度の満月を迎えることを指す。月が青く見えるのではない。ディスカバリーチャンネルによると、これはアメリカの天文雑誌に「その月の2番目の満月は青い」と書かれた間違いが拡散されてしまったために知れ渡った呼び名である。

 「ブラッド・ムーン」は、皆既食中の月が赤銅(しゃくどう)色と呼ばれる赤黒い色になることから、こう呼ばれている。

 国立天文台によると、部分食の始めは1月31日午後8時48.1分、皆既食の始めは午後9時51.4分、食の最大は午後10時29.8分、皆既食の終わりは午後11時08.3分、部分食の終わりは2月1日午前0時11.5分。

 NASAは1月19日、Webサイトで「スーパーブルーブラッドムーン」に関する投稿を掲載。NASAによる生放送「NASA Live」で、生中継を行うとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)