都教委、H30年度の教育主要施策を公表…プログラミング・英語など26施策

教育・受験 先生

東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 平成30年度東京都教育庁主要施策および主要施策項目
  • 平成30年度東京都教育庁主要施策および主要施策項目
 東京都教育委員会は平成30年2月22日、「平成30年度教育庁主要施策」を公表した。東京都教育ビジョンの7の柱と10の取組みの方向から、理数教育の充実や学校の教育環境整備など、平成30年度に重点的に取り組む26の主要施策を定めた。

 「教育庁主要施策」とは、東京都教育委員会が当該年度に重点的に取り組む施策のこと。都の教育振興基本計画である「東京都教育ビジョン」を踏まえ、毎年30程度の施策を定めている。平成30年度に取り組む主要施策は26、それぞれに主要施策項目が設けられている。

 たとえば、主要施策1「基礎・基本の定着と学ぶ意欲の向上」は、8つの主要施策項目がある。前年度の平成29年度版にはなかった「AI時代における教育の推進」が盛り込まれており、都内公立小学校においてプログラミング教育推進校を75校指定し、指導計画や実践事例の開発・普及を図るという。その際、企業などと効果的な連携を通した取組みを促し、次期学習指導要領のねらいに即したプログラミング教育を推進する。

 主要施策3「『使える英語』を習得させる実践的教育の推進」では、主要施策項目「学校外における英語に触れる環境の充実」の事業例に「TOKYO GLOBAL GATEWAY」をあげた。児童・生徒が英語を使用する楽しさや必要性を体感でき、英語学習の意欲向上のきっかけ作りとなる環境を整備するため、体験的で実践的な学習を行う場として平成30年9月に開設する。

 主要施策22「学校の教育環境整備」は、新たな主要施策項目として「質の高い教育の推進に向けた支援等についての検討」を掲げている。学校教育の質のさらなる向上や学校の働き方改革に資するため、外部人材の確保などに向けた支援方法や効率的・効果的な学校業務の在り方などを検討する考え。主要施策22では、このほかにも「耐震化の推進」「ICT環境整備のさらなる推進」「安全対策のための防犯カメラの整備」などにも取り組む。

 「平成30年度教育庁主要施策」は、東京都教育委員会Webサイトにて公開されている。今後は、これらの主要施策をもとに「主要事務事業の概要」を作成し、都内全公立学校と区市町村教育委員会などに配布するという。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)