【高校受験2018】愛知県公立高入試・Aグループ<社会>講評…実戦力が求められる

 平成30年3月12日(月)、平成30年度(2018年度)愛知県公立高等学校入学者選抜について、Aグループの学力検査が実施された。リセマムでは、京進の協力を得て、「社会」の講評を掲載する。

教育・受験 中学生
2018年度愛知県公立高校入試 Aグループ<社会>講評
  • 2018年度愛知県公立高校入試 Aグループ<社会>講評
 平成30年3月12日(月)、平成30年度(2018年度)愛知県公立高等学校入学者選抜について、Aグループの学力検査が実施された。リセマムでは、京進の協力を得て、「社会」の講評を掲載する。このほかの教科(全5教科)についても、同様に掲載する。

◆愛知県 Aグループ<社会>講評(京進 提供)

大問1 歴史<絵に関する問題>〔標準〕
大問2 歴史<17世紀以降の年表と資料>〔標準〕
大問3 地理<主な都市の貿易と地形図>〔標準〕
大問4 地理<ヨーロッパの特色>〔標準〕
大問5 公民<日本銀行と小売業>〔標準〕
大問6 公民<刑事裁判の流れと三審制>〔標準〕

 大問6題、小問20問は、例年の傾向と大きな違いはない。昨年より出題されている地形図の読み取り問題は今回も出題された。また、作図問題がなくなり、Bグループで出題された短文記述問題がAグループでも出題された。短文記述問題と語句解答問題は基礎知識で対応できるが、図やグラフから読み取る記号選択問題は、複数の基本的な知識を活用しなければならず、出題数も多い。問題に必要な知識を迅速に選択し、活用する実戦力が求められる。
---
 京進は関西・愛知を中心に全国で学習塾、個別指導教室を展開している。最新の脳科学に基づくオリジナル学習法であるリーチングメソッドは、自ら学ぶ力を育む学習法として高い効果を上げている。
--
 このレポートは平成30年3月12日(月)に京進が作成したもの。

協力:京進
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)