医師国家試験2018、合格率1位は「自治医科大学」99.2%

 厚生労働省が平成30年3月19日に発表した第112回医師国家試験の合格状況によると、合格率がもっとも高かったのは、「自治医科大学」で99.2%、ついで「横浜市立大学医学部」97.7%だった。

教育・受験 大学生
厚生労働省 第112回医師国家試験の合格発表について
  • 厚生労働省 第112回医師国家試験の合格発表について
  • 第112回医師国家試験の学校別合格者状況(1/3)国立
  • 第112回医師国家試験の学校別合格者状況(2/3)公立
  • 第112回医師国家試験の学校別合格者状況(3/3)私立
 厚生労働省が平成30年3月19日に発表した第112回医師国家試験の合格状況によると、合格率がもっとも高かったのは、「自治医科大学」で99.2%、ついで「横浜市立大学医学部」97.7%だった。新卒者合格率100.0%は「慶應義塾大学大学部」と「昭和大学医学部」。

 第112回医師国家試験は、平成30年2月10日と11日に行われ、合格率は90.1%、新卒者の合格率は93.3%だった。平均合格率は、国立が91.2%、公立が93.3%、私立が90.2%、認定および予備試験は41.9%だった。

 学校別合格者状況によると、総出願者の合格率がもっとも高いのは「自治医科大学」で99.2%。ついで「横浜市立大学医学部」97.7%、「兵庫医科大学」97.5%が続いた。

 新卒者の合格率が100.0%だったのは、「慶應義塾大学医学部」と「昭和大学医学部」。また、横浜市立大学医学部と兵庫医科大学は既卒者の合格率が100.0%だった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)