ソフトバンク、タッチパネルとカメラ搭載「キッズフォン」4/13発売

 ソフトバンクは、タッチパネルとカメラを搭載した子ども向け携帯電話「キッズフォン」を2018年4月13日に発売する。基本使用料は月額490円で、12歳以下の利用を対象とした「基本料2か月無料キャンペーン(U12)」も実施する。

デジタル生活 小学生
「キッズフォン」機能
  • 「キッズフォン」機能
  • 「キッズフォン」ラインアップ
  • 前面カバー&デコステッカーforキッズフォン
  • 「キッズフォン」ピカチュウネックストラップ
  • 「キッズフォン」搭載周波数帯一覧
  • ソフトバンク「みまもりマップ」
 ソフトバンクは、タッチパネルとカメラを搭載した子ども向け携帯電話「キッズフォン」を2018年4月13日に発売する。基本使用料は月額490円で、12歳以下の利用を対象とした「基本料2か月無料キャンペーン(U12)」も実施する。

 「キッズフォン」は、約2.8インチのタッチ操作が可能なディスプレーを搭載した子ども向け携帯電話。画面に話しかけると、さまざまなアプリケーションが起動する。大きい画面で、写真やメールも見やすく、文字入力や各種設定もタッチ操作で簡単にできる。

 キッズフォンでは、有効画素数約500万画素のメーンカメラと、有効画素数約200万画素のサブカメラを搭載。撮影した写真は、メールに添付して送信することもできる。被写体の顔を認識し、撮影する写真に合成できる100種類以上の顔認識スタンプにも対応する。カメラ機能は、保護者専用の設定画面から利用制限をかけることが可能となっている。

 また、家族でお互いの居場所がマップ確認できる「みまもりマップ」サービスにも対応。通常時は位置情報交換、指定エリアへの到着・出発通知、災害発生時には家族が災害エリアにいることを知らせたり、周囲に救援を求めることができる。

 そのほか、防水・防塵対応、耐衝撃設計や、プロの警備員駆けつけサービス「CSPケータイdeアシスト」(有料)にも対応。子どもを守る安心なケータイとして、全国子ども会連合会の推奨商品に認定されている。

 「キッズフォン」は、「通話定額ライト基本料」の基本使用料月額490円での利用が可能となっている。また、ソフトバンク携帯電話を持っていて、適用条件を満たしていれば「基本料2か月無料キャンペーン(U12)」の対象となる。機種代金は、780円×24か月(24回分割)の総額18,720円(税込)。

 「キッズフォン」購入者には、先着でオリジナルの「ピカチュウネックストラップ」をプレゼントするキャンペーンも実施。さらに、液晶画面を保護する前面カバーと、ステッカーをセットにした専用のアクセサリー「前面カバー&デコステッカーforキッズフォン」(参考価格2,667円)も同時に発売される。

◆ソフトバンク「キッズフォン」
発売日:2018年4月13日(金)
サイズ:幅約57mm×高さ100mm×厚さ15.3mm
重さ :約110g(商品に同梱のストラップ含む)
ディスプレー:約2.8インチ
カラーバリエーション:ブルー、ピンク、イエロー
連続通話時間:FDD-LTE網 約480分、W-CDMA網 約440分
連続待受時間:FDD-LTE網 約350時間、W-CDMA網 約370時間
モバイルカメラ(画素数):メーン 有効画素数約500万画素、サブ 有効画素数約200万画素
防水・防じん:IPX5・IP5X
電池容量:1,200mAh
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)