文科省、第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」公表

 文部科学省は2018年4月20日、閣議決定された第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」をWebサイトで公表した。

教育業界ニュース 文部科学省
 文部科学省は2018年4月20日、閣議決定された第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」をWebサイトで公表した。

 2001年(平成13年)に成立した「子どもの読書活動の推進に関する法律」に基づき、おおむね5年(2018~2022年度)にわたる子どもの読書活動推進に関する基本方針と具体的方策を明らかにするもの。

 学校図書館法の改正や平成29年・30年公示の学習指導要領の改定、スマートフォンの普及など、第三次基本計画期間における子どもの読書活動に係る状況をふまえて決定された。

 読書習慣を形成するため、新しい計画では家庭に「読書の習慣付けの重要性の理解促進」を求めている。具体的には、子どもを中心に家族で同じ本を読む「家読(うちどく)」などが推進されている。

 子どもの読書環境を充実させるための推進体制についてや、第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」は文部科学省のWebサイトで確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)