【夏休み2018】ノーベル賞受賞者2名来日、ILCが開く科学の未来…お茶大8/5

 お茶の水女子大学で2018年8月5日、1979年と2017年のノーベル物理学賞受賞者2名を招いたシンポジウム「ノーベル賞受賞者に聞く『ILCが開く科学の未来』」が開催される。参加は無料。

教育イベント 中学生
ILC推進プロジェクト 2018年特別シンポジウム ノーベル賞受賞者に聞く「ILCが開く科学の未来」
  • ILC推進プロジェクト 2018年特別シンポジウム ノーベル賞受賞者に聞く「ILCが開く科学の未来」
  • ILC推進プロジェクト 2018年特別シンポジウム ノーベル賞受賞者に聞く「ILCが開く科学の未来」 登壇者
  • ILC イメージ図
 お茶の水女子大学で2018年8月5日、1979年と2017年のノーベル物理学賞受賞者2名を招いたシンポジウム「ノーベル賞受賞者に聞く『ILCが開く科学の未来』」が開催される。参加は無料。インターネットによる事前申込制で、先着1,000名の参加を受け付ける。

 「ILC」とは、「国際リニアコライダー(International Linear Collider)」の略称。次世代の素粒子加速器計画を意味し、「宇宙がどのように誕生し、どのような仕組みで働いているのか」という、世界中の科学者が挑むユニバーサルな謎の解明を目指す実験装置だという。国際プロジェクトとして、日本での建設実現に向けた準備が進められている。

 数々の研究者がその設計・開発に取り組んできたところ、2018年8月5日にはお茶の水女子大学の徽音堂でシェルドン・グラショー博士(1979年ノーベル物理学賞受賞)とバリー・バリッシュ博士(2017年ノーベル物理学賞受賞)を招いた特別シンポジウムを開催する。ILC推進プロジェクトによると、両博士は素粒子物理学における理論分野とILCにおける技術分野に関わっており、ILC計画を推し進めてきた立役者である。

 当日は両博士による講演と、小柴昌俊博士(2002年ノーベル物理学賞)、大隅良典博士(2016年ノーベル生理学・医学賞)によるインタビュー映像も上映予定。参加を希望する場合は、ILC推進プロジェクトのWebサイトに設置されている申込みフォームから情報を送信すること。2018年7月18日時点ではまだ予約を受け付けている。対象は中学生以上。

◆ノーベル賞受賞者に聞く「ILCが開く科学の未来」
日時:2018年8月5日(日)14:00~17:00(受付13:00開始)
会場:お茶の水女子大 徽音堂(東京都文京区大塚2-1-1)
対象:中学生以上
登壇者:
シェルドン・グラショー博士(Sheldon Lee Glashow)
バリー・バリッシュ博士(Barry Barish)
入場:無料
定員:先着1,000名
申込方法:インターネットから事前に予約すること
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)