【夏休み2018】NHKラジオ「子ども科学電話相談」電話・メールで質問受付

 NHKラジオ第1放送の番組「夏休み子ども科学電話相談」の放送がスタートした。放送日時は土日を除く2018年7月23日から8月3日と8月23日から8月31日の、午前8時5分から午前11時50分。子どもたちの質問は放送当日の電話のほか、メールでも随時受け付けている。

教育・受験 小学生
NHKラジオ第1放送「夏休み子ども科学電話相談」
  • NHKラジオ第1放送「夏休み子ども科学電話相談」
  • 2018年7月23日~27日の放送予定表
  • 2018年7月30日~8月3日の放送予定表
  • 2018年8月23日~24日の放送予定表
  • 2018年8月27日~29日の放送予定表
  • 2018年8月30日~31日の放送予定表
 NHKラジオ第1放送の番組「夏休み子ども科学電話相談」の放送がスタートした。放送日時は土日を除く2018年7月23日から8月3日と8月23日から8月31日の、午前8時5分から午前11時50分。子どもたちの質問は放送当日の電話のほか、メールでも随時受け付けている。

 「夏休み子ども科学電話相談」は、小中学生からの科学に対する疑問や興味に対し、大学教授や専門家などが直接電話で回答するラジオ番組。「昆虫」「天文・宇宙」「植物」「動物」「科学」「鳥」「水中の生物」「恐竜」「心と体」「ロボット・AI」の10分野のうち、日替わりで1日4分野の質問について、子どもと先生のやり取りを放送する。

 7月23日の初回放送では、藤井綾子アナウンサーの司会で、「昆虫」に昆虫科学教育館館長 久留飛克明先生、「天文・宇宙」にコスモプラネタリウム渋谷解説員 永田美絵先生、「植物」に甲南大学特別客員教授 田中修先生、「動物」に日本動物園水族館協会専務理事 成島悦雄先生がそれぞれ回答した。

 これから猫を飼いたいと思っている小学1年生男児は、「猫と人間の愛情はどうやってつながるのですか」と質問。これに対して成島先生は、「お互いに言葉は通じないが優しい声かけなどで愛情は伝わる。一緒に暮らすと猫の気持ちや愛情表現がわかってくるから、喜ぶことを積極的にやってあげよう。猫について書かれた本を読むことも仲良くなる早道」と回答した。

 また、本を読んで興味を持ったという小学3年生男児は、「ジャイアントインパクト説は本当ですか」と質問。これに対して永田先生は、「観測結果などによると今のところ本当と言われている」として、どのような経緯で月ができたと考えられているかや、月の誕生と地球における生命の誕生の関連などについてわかりやすく解説した。

 小中学生の質問は、放送開始30分前から放送終了30分前までの電話と、Webサイトからのメール送信で受け付けている。なお、メールでの質問にはメールで回答されるのではなく、集まった質問の中から選んで番組で紹介するため、質問フォームに電話番号などの必要事項を必ず入力する。

 なお、放送を聴き逃した場合は、NHKラジオ「らじる らじる」の聴き逃しサービスで指定の期間中であれば放送内容が配信される。

◆NHKラジオ第1放送「夏休み子ども科学電話相談」
放送日程:2018年7月23日(月)~8月3日(金)、8月23日(木)~31日(金)
※土曜・日曜を除く
放送時間:8:05~11:50
質問方法:電話/各日の放送開始30分前から放送終了30分前まで、Webサイトに掲載された電話番号にて受付
メール/Webサイトの質問フォームに必要事項を入力し送信
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)