スポーツキッズ&ファミリーの毎日を応援する「新・メリット」

 2018年8月19日から25日、明治神宮球場で開催された「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」。子どもとその家族を応援しようと、出場51チームのユニフォームをデザインした限定「スマートホルダー」を贈呈した花王の取組みを紹介する。

生活・健康 小学生
チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする子どもたち
  • チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする子どもたち
  • チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする球児
  • 出場した51チームのオリジナルデザイン「スマートホルダー」
  • 「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」の会場でインタビューに答える保護者たち
  • チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする子どもたち
  • 「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」会場の明治神宮球場
  • チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする子どもたち
  • チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を探す子どもたち
 2018年8月19日から25日にかけての7日間、明治神宮球場で「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」が開催された。

 全国約12,000チームから勝ち抜いてきた強豪チームが出場する同大会は、まさに「小学生の甲子園」。開幕日にあたる8月19日は、大会会場である明治神宮球場のまわりに協賛各社の特設ブースが立ち並び、青空のもと球場内外ともに球児とその家族で賑わった。

出場した51チームのオリジナルデザイン「スマートホルダー」
出場した51チームのユニフォームデザインがプリントされている「スマートホルダー」

 その中でもひときわ目を引いたのが、花王ブースにずらりと並んだカラフルな「スマートホルダー。大会に出場した51チームのユニフォームがデザインされた限定品だ。花王は、今大会に協賛し、大会に出場した球児たちへの記念品として、これらを無償で贈呈した。

 会場に訪れた子どもたちは、自分のチームのデザインを見つけて大興奮。世界にひとつだけの特別なボトルを手に、子どもたちのみならず、その家族も一緒に記念写真を撮る姿が多く見られた。

チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする子どもたち
チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」に大はしゃぎ

 自分たちのユニフォームとおそろいの限定デザインを目にした子どもたちは「大切に使います」「これならシャンプーのたびに今回の大会を思い出せるので、毎日のお風呂が楽しみになります」と嬉しそうに語った。

 
「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」の会場でインタビューに答える保護者たち
チームのユニフォームとおそろいのデザインに家族も大満足の笑顔

 この「スマートホルダー」があれば、1日の終わりやスポーツのあと、お風呂に入るたびに、全国大会出場を手にするまでの努力や出場の喜びをあらためて振り返ることができるはずだ。子どもたちの頑張りは、家族の大切な思い出のひとつになる。今回贈呈されたチームオリジナルの「スマートホルダー」は、そんな思い出を家族で共有するきっかけを提供してくれそうだ。

つめかえ用シャンプーがさらに手軽に…お役立ちツールが登場



 「スマートホルダー」は、花王のシャンプー・ボディウォッシュの「つめかえ用ラクラクecoパック」専用のつけかえ容器。ワンタッチでセットするだけで、すぐに使用できる便利なツールだという。

 「お気に入りのボトルで浴室をコーディネートしたいという方が増えています。花王では『つめかえ用ラクラクecoパック』を販売していますが、つめかえ行為そのものが面倒だと感じる方が多いというデータがありました。そのため、つめかえることなく、お好みの容器でバスタイムを楽しむことのできる『スマートホルダー』が誕生しました」と話すのは、花王で商品開発にあたった担当者。

ワンタッチで取り付け可能な「スマートホルダー」
つめかえ用のシャンプーをワンタッチで着脱できる

 「スマートホルダー」を使うことで、つめかえの手間を省けるだけでなく、利用者から寄せられた「シャンプーボトルの底に液残りしてしまう」という悩みにも対応しているという。「独自開発のポンプを使用し、最後まで無駄なく使い切れる仕組みにしました。」(同担当者)

 球児の家族からも「これならボトル内の洗浄も不要なので、楽にお手入れできますね」「底に工夫がされていて接地面が少ないので、浴室の床に置いても、水垢やぬめりが付きにくいと思います。使うのが楽しみです」と、期待する声があがった。

 ブースに立ち寄った家族からは、スポーツをする子どもの親ならではの悩みが多く聞かれた。たとえば、「季節を問わず、運動後の子どもたちの帽子は汗の汚れとにおいの温床。毎日必ず洗濯しないと耐えられません」「観戦を終えたあとの髪は、汗や砂ぼこりでギシギシしてしまいます」など、大きく頷きたくなる方も多いのではないだろうか。

スポーツキッズ&ファミリーの強い味方「新・メリット」



 そんな悩みをもつスポーツキッズとその家族におすすめなのが、発売から48年になる2018年4月に大きくリニューアルしたメリットシャンプー(メリット)」だ

 今回のリニューアルについて担当者に聞いたところ、洗うことで、ほこりや花粉などの汚れが髪につきにくくなる「新・ダストシールド技術」が採用されているという。

 「以前に比べて、さらっと軽い仕上がりの気持ちよさがさらに長続きするようになりました。約10万本の髪が密集する地肌の汚れや、髪の間に入り込んだ砂ぼこりや汗の汚れも、すっきり落とすことができます。」(担当者)

 「メリットシャンプー」の特長である、弱酸性ノンシリコーン処方はそのままに、髪や頭皮に負担をかけず、さっぱりと洗い上げ、その後も気持ちよさが続くようにしているとのこと。

「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」の会場でインタビューに答える保護者たち
運動後のにおいや汚れは、スポーツキッズの保護者なら誰もが抱く悩み

 普段から「メリット」を使っているという保護者からは「新しいメリットは香りがきつくないので、これからも飽きずに使い続けられそうです」と、使い心地も好評だ。

チームのオリジナルデザインの「スマートホルダー」を手にする子どもたち
チームオリジナルの「スマートホルダー」は全国大会出場の思い出をより印象づけてくれる

 子どもたちとその家族が、楽しく快適な毎日を過ごせるようにという願いを込めて、花王はよりよい商品を開発し、提供し続けている。今大会への協賛は、その思いを形にした取組みのひとつだ。

 体育の授業、運動会、部活動、スポーツ教室、思いっきり走り回る休み時間…。毎日めいっぱい体を動かす子どもたちは、誰もがみな「スポーツキッズ」。花王「新・メリット」は、これからもスポーツキッズとその家族を応援している。
《野口雅乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)