第12回キッズデザイン賞、最優秀賞はYKKの「QuickFree」

 キッズデザイン協議会は2018年9月25日、「キッズデザイン賞」の第12回受賞作品252点の中から、最優秀賞、優秀賞、奨励賞、特別賞など優秀作品33点を発表。最優秀賞である「内閣総理大臣賞」は、YKKの「QuickFree」が受賞した。

生活・健康 未就学児
最優秀賞「内閣総理大臣賞」受賞作品 YKK「QuickFree」
  • 最優秀賞「内閣総理大臣賞」受賞作品 YKK「QuickFree」
  • YKK「QuickFree」の特徴
  • 「第12回キッズデザイン賞」優秀作品一覧
 キッズデザイン協議会は2018年9月25日、「キッズデザイン賞」の第12回受賞作品252点の中から、最優秀賞、優秀賞、奨励賞、特別賞など優秀作品33点を発表。最優秀賞である「内閣総理大臣賞」は、YKKの「QuickFree」が受賞した。

 「キッズデザイン賞」は、2007年に創設された子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・活動・研究などを顕彰する制度。子ども用にデザインされたもののほか、大人・一般向けに開発されたものでも子どもや子育てに配慮されたデザインであればすべてが対象となる。これまで、全国の企業や自治体、教育機関・NPOなどさまざまな団体から累計4,549点の応募があり、そのうち2,705点が受賞している。

 第12回を迎える2018年のキッズデザイン賞では、3月1日から5月11日までの募集期間で応募数は468点。近年増加傾向にあった「アプリケーション・サービス」が新カテゴリーとして新設され、共働き家庭や妊娠時期をサポートするサービスなど多数の応募があったという。受賞数は、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」部門75点、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」部門102点、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」部門75点の計252点。そのうち、最優秀賞や優秀賞など優秀作品33点が発表された。

 最優秀賞である「内閣総理大臣賞」は、YKKの「QuickFree」が受賞。「QuickFree」は、ファスナーのスライダー部品を改良し、開製品の操作をしやすくした作品。子ども1人での着脱を助ける、親が着せやすいといった利点に加え、左右に一定の力が加わるとスライダーが外れてファスナーが開く解放機能があり、子ども服のフードが遊具やドアノブなどに引っかかることによる首絞まり事故の負担を軽減することから、安全性向上に貢献するものとして評価された。

「第12回キッズデザイン賞」優秀作品一覧
「第12回キッズデザイン賞」優秀作品一覧)

 そのほか、受賞作品はマツダの「死角にいる子どもを守る、人間中心の設計思想に基づいた360度ビューモニター」や、富士山の銘水の「ウォーターサーバー FRECIOUS dewo」、ソニーMESHプロジェクトの「MESH」、ベビーカレンダーの「ベビーカレンダーアプリ」など。TEPIA特別賞は、日本航空の「JAL STEAM SCHOOL」が受賞した。

 第12回受賞作品を含むこれまでの受賞作品は、10月25日に公開予定の「受賞作品検索サイト」にて閲覧できる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)