東京都、青少年をネットトラブルから守るスマホアプリ募集

 東京都青少年・治安対策本部は2018年11月1日、インターネット上の有害な働きかけなどから青少年を守るアプリケーションの募集を開始した。インターネットを介する自画撮り被害、自殺、犯罪、いじめの防止などに資する機能が対象。

デジタル生活 その他
青少年をインターネットトラブルから守るスマホアプリを募集
  • 青少年をインターネットトラブルから守るスマホアプリを募集
  • 東京都青少年・治安対策本部
 東京都青少年・治安対策本部は2018年11月1日、インターネット上の有害な働きかけなどから青少年を守るアプリケーションの募集を開始した。インターネットを介する自画撮り被害、自殺、犯罪、いじめの防止などに資する機能が対象。

 スマートフォン利用に伴い、青少年の判断能力の未成熟さにつけ込まれ被害やトラブルに遭ってしまうことが問題となっていることから、東京都青少年・治安対策本部は、インターネット上の有害な働きかけなどから青少年を守るアプリケーションを募集。随時申請を受け付けている。

 応募資格者は、アプリケーションを製作する事業者。東京都内に在住、所在していなくても応募できる。対象となるアプリケーションは、インターネットを介する自画撮り被害、自殺、犯罪、いじめの防止、青少年のインターネット利用に伴う危険性の除去に資する機能。プライバシーやサイバーセキュリティーに配慮されていること、広く利用されるように配慮されていること、そのほか知事が必要と認める要件を備えていることなどといった推奨基準を満たす必要がある。

 機能の申請は、11月1日から随時受け付けている。申請を行う場合は、事前に東京都青少年・治安対策本部総合対策部青少年課 健全育成担当に連絡が必要。アプリケーションが推奨となった場合、WebサイトやSNSを通じて紹介、関係機関に対する通知・情報提供を行うなどして広く使ってもらえるよう広報する。

 機能推奨基準や機能申請要綱などの詳細は、東京都青少年・治安対策本部のWebサイトにて確認できる。なお、以前から行っている端末推奨についても引き続き申請を受け付けている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)