科博、干支講演会「イノシシのはなし」1/13…定員100名

 国立科学博物館は2019年1月13日、干支講演会「イノシシのはなし」を開催する。参加無料(入館料別)。申込みは、Webサイトにて受け付けている。締切りは1月8日午後5時。定員は100名。

教育イベント 小学生
国立科学博物館
  • 国立科学博物館
  • 干支講演会「イノシシのはなし」
 国立科学博物館は2019年1月13日、干支講演会「イノシシのはなし」を開催する。参加無料(入館料別)。申込みは、Webサイトにて受け付けている。締切りは1月8日午後5時。定員は100名。

 干支講演会は、国立科学博物館の年始イベントとして開催。国立科学博物館長の林良博氏と国立歴史民俗博物館副館長の西谷大氏が登壇し、2019年の干支「亥(イノシシ)」にちなんだ題目で90分間の講演を行う。誰でも参加できるが、小学校高学年以上に合わせた内容で実施する。

 参加無料だが、別途入館料が必要。入館料は、一般・大学生620円、高校生以下および65歳以上無料。申込みは、Webサイトにて受け付けている。1度に5名まで申込可能。締切りは、2019年1月8日午後5時。定員は100名。定員に達した場合は、締切前でも受付を終了する。当日は、申込完了後にメールで送付される参加証の提示が必要。

◆干支講演会「イノシシのはなし」
日時:2019年1月13日(日)14:00~15:30
会場:国立科学博物館 日本館2階 講堂(東京都台東区上野公園7-20)
対象:誰でも参加可能(小学校高学年以上に合わせた内容)
募集人数:100名
締切:2019年1月8日(火)17:00
参加費:無料(入館料別)
※入館料は、一般・大学生620円、高校生以下および65歳以上無料
申込方法:国立科学博物館のWebサイトにて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)