京都水族館、イクラの成長を観察できる特別展示1/6-3/9

 京都水族館は2019年1月6日から3月9日まで、イクラの成長を観察できる特別展示「育て!いくらちゃん」を開催する。ふ化後、約2か月で稚魚になるイクラの成長過程を間近で観察できるほか、サケの一生を学ぶ巨大すごろくも登場する。

趣味・娯楽 小学生
イクラの成長を観察できる特別展示「育て!いくらちゃん」
  • イクラの成長を観察できる特別展示「育て!いくらちゃん」
  • イクラから稚魚になるまでの成長過程を特別展示する
  • ふ化の瞬間映像を投影する
  • イクラ展示のようす
  • 「育て!いくらちゃん巨大すごろく」(イメージ)
  • 杏仁豆腐とオレンジ色のタピオカでいくら丼を再現した「いくらちゃん丼」
 京都水族館は2019年1月6日から3月9日まで、イクラの成長を観察できる特別展示「育て!いくらちゃん」を開催する。ふ化後、約2か月で稚魚になるイクラの成長過程を間近で観察できるほか、サケの一生を学ぶ巨大すごろくも登場する。

 サケは、数年かけて大海原を回遊した後、再び生まれた川に回帰するという習性を持つ。京都水族館では、サケの習性や成長過程を知ることで、サケが生まれ育つ由良川をはじめとした豊かな自然環境を守ることの大切さを学んでもらうため、5年連続でイクラの展示を行っている。

 展示する卵は、由良川に産卵のため遡上(そじょう)したサケの卵を増殖のために人の手で稚魚まで育て、再び由良川へ返す保護活動のために採卵されたもの。京都水族館で約2か月飼育・展示した後は、稚魚を3月初旬ごろに由良川に放流する。

 「育て!いくらちゃん」では、ふ化後、約2か月で稚魚になると言われているイクラが日ごとに成長するようすや、腹部に栄養の入った袋を持った仔魚のようすなど、普段見ることができないサケの成長過程を間近で観察できる。さらに、ふ化の瞬間を収めた貴重な映像も見ることができる。

 展示会場となる「交流プラザ」の床面には、約5メートルの長さの「育て!いくらちゃん巨大すごろく」が登場。すごろくの上を歩きながら、サケの一生をたどることができる。また、イクラをイメージした期間限定の飲食メニューも楽しめる。

◆育て!いくらちゃん
開催期間:2019年1月6日(日)~3月9日(土)予定
開催場所:京都水族館「交流プラザ」特設エリア
料金:無料(別途、京都水族館への入場料が必要)

【京都水族館】
所在地:京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
営業時間:10:00~18:00(通常)
※入場、チケットおよび年間パスポートの購入・手続きは閉館の1時間前まで受付
※気象状況などにより営業時間を変更する場合がある
休館日:なし(年中無休)
※施設点検、気象状況などで臨時休業をする場合がある
一般料金:大人2,050円、大学・高校生1,550円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)