【中学受験2019】関西出願状況(確定)灘4.06倍、東大寺学園5.31倍など

 関西地区(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)の2019年度入試解禁日1月19日を前に、各校の出願倍率確定値などが発表され状況が明らかになってきた。SAPIX小学部の出願者数速報によると、出願倍率は灘が4.06倍、東大寺学園が5.31倍など。

教育・受験 小学生
SAPIX小学部 出願者数速報
  • SAPIX小学部 出願者数速報
  • 日能研 倍率速報
 関西地区(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)の2019年度入試解禁日1月19日を前に、各校の確定出願倍率などが発表され状況が明らかになってきた。SAPIX小学部の出願者数速報によると、確定出願倍率は灘が4.06倍、東大寺学園が5.31倍など。

 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の中学受験は、統一日程で2019年1月19日が入試解禁日となる。SAPIX小学部では、各校の出願状況についてWebサイトに情報を掲載。出願を締め切った学校の2019年度入試の確定出願倍率などを発表している。

 SAPIX小学部の出願者数速報によると、確定出願倍率は灘が4.06倍、東大寺学園が5.31倍、洛南高等学校附属が3.25倍、甲陽学院が2.06倍、大阪星光学院が4.05倍、ラ・サールが4.50倍など。1月15日午後9時出願締切りの四天王寺(医志コース)は、1月15日午後3時時点で12.09倍となっている。

 SAPIX小学部のほか、日能研も関西エリアの入試倍率情報をWebサイトに掲載している。学校名やエリア、共学区分などから学校を検索して出願状況を確認でき、情報は随時更新される。正確な情報に関しては、各学校のWebサイトか直接問い合わせて確認してほしい。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)