春の新生活、大学生になって始めたいのは…4割「資格取得」

 春の新生活に向け、高校生・大学生は期待より不安の方が大きいことが2019年2月19日、「SHIBUYA109 lab.」の調査結果からわかった。不安に思うことは、高校生・大学生とも「勉強」が最多だった。大学生になって始めたいことは、新大学生の4割が「資格取得」をあげた。

生活・健康 大学生
新生活で楽しみにしている、または期待していること
  • 新生活で楽しみにしている、または期待していること
  • 新生活を迎えるにあたって、不安に思うこと
  • 大学生になったら始めたいこと、または力を入れたいこと
  • 新生活に向けて買い替える、または購入する予定のもの
  • 新生活の準備にいくらかけるか、またはかける予定か
  • 自己紹介代わりに人に見せるならどのアカウントを見せるか
 春の新生活に向け、高校生・大学生は期待より不安の方が大きいことが2019年2月19日、「SHIBUYA109 lab.」の調査結果からわかった。不安に思うことは、高校生・大学生とも「勉強」が最多だった。大学生になって始めたいことは、新大学生の4割が「資格取得」をあげた。

 SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(シブヤイチマルキューラボ)」による「春の新生活に関する調査」。首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住の女子高生191人、女子大生322人の計513人を対象に2019年1月にWebアンケート調査を実施した。

 「新生活で楽しみにしていること」は、高校生は「新しい友達関係」が47.8%と最多で、「部活・サークル活動」30.4%、「クラス替え」27.7%と続いた。一方、大学生は「特になし」が36.9%ともっとも多く、ついで「勉強」23.4%、「部活・サークル活動」22.0%だった。

 一方、「不安に思うこと」は、高校生・大学生とも「勉強」がもっとも多く、高校生では71.7%に達した。このほか、高校生は「受験」、大学生は「就職活動・インターン」という回答も多かった。

 高校3年生に「大学生になったら始めたいこと、力を入れたいこと」を聞いたところ、「アルバイト」が73.6%ともっとも多く、ついで「資格を取る」が43.4%、「サークル活動・部活動」39.6%、「旅行」37.7%と続いた。「SHIBUYA109 lab.」では「大学受験中もしくは終えたばかりにも関わらず、資格を取って将来に備えたいという意識が芽生えている」と分析している。

 新生活に向けて新調する予定のものは、「ファッションアイテム」が43.9%ともっとも多く、ついで「コスメ・スキンケア」37.0%、「スケジュール帳」28.8%など。新生活に向けた準備にかける予算は、「1万円以内」が高校生51.8%、大学生44.1%を占め、もっとも多かった。

 また、新しい友達に自己紹介の代わりに見せるアカウントを尋ねた結果では、「LINE」(50.7%)と「Instagram」(46.2%)が多く、ついで「Twitter」16.0%であった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)