オオサンショウウオの生態の謎に迫る「京都水族館ぬめぬめワールド」4/27-9/1

 京都水族館では2019年4月27日から2019年9月1日までの期間、オオサンショウウオの謎に包まれた生態をデジタル映像技術を使った迫力満点の空間体験を通じて知ることのできる企画展「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」を開催する。

教育・受験 小学生
近づいてくるオオサンショウウオの映像のイメージ
  • 近づいてくるオオサンショウウオの映像のイメージ
  • 水の上を歩くと波紋が広がる(過去開催のようす)
  • 不思議な見た目のオオサンショウウオ
 京都水族館(所在地:京都市下京区)では2019年4月27日から2019年9月1日までの期間、オオサンショウウオの謎に包まれた生態をデジタル映像技術を使った迫力満点の空間体験を通じて知ることのできる企画展「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」を開催する。参加料金は無料(入館料は別途必要)。

 この企画は、オオサンショウウオを通常展示している「京の川」エリアで開催。プロジェクションマッピングなどのデジタル技術を駆使し、オオサンショウウオの生息地である鴨川上流を再現した空間を作り出す。エリアに一歩足を踏み入れると川の水に波紋が広がったり、映像で表現されたオオサンショウウオが息継ぎをするために急に水面に顔を出したりと、探究心と冒険心をくすぐる仕掛けが施されている。

 また、空間を包み込む森をイメージした香りや、自然環境音などを取り入れることで、臨場感あふれる空間を演出。何匹ものオオサンショウウオが足元をぬめぬめと動く空間を歩くかのような体験ができるほか、オオサンショウウオが持つ、「ぬめぬめ」したイメージの真相などを徹底解析した解説パネルも登場する。オオサンショウウオにまつわるさまざまなコンテンツを楽しめる体験型プログラムだ。

 オオサンショウウオは大きな個体では全長約150cm以上に成長し、世界最大の両生類ともいわれ、在来種は国の特別天然記念物に指定されている。ずんぐりとした体形に小さな愛らしい目や大きな口など、不思議な見た目が特徴的なオオサンショウウオの生態の謎に迫りながら、より一層魅力を感じることができる内容となっている。

◆「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」開催概要
開催期間:2019年4月27日(土)~9月1日(日) ※開催時間は施設の営業時間に準ずる。入場受け付けは閉館の1時間前まで
開催場所:「京の川」エリア
参加料金:無料 ※入館料は別途要
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)