【夏休み2019】法務省「こども霞が関見学デー」15プログラムを実施

 25府省庁などによる「こども霞が関見学デー」が、2019年8月7日と8日に開かれる。法務省は検察官による模擬取調べ実演や人権教室など15プログラムを実施。事前の申込みが必要な3つのプログラムは7月19日午後5時まで申込みを受け付けるが、定員に達し次第締め切る。

教育イベント 小学生
法務省「こども霞が関見学デー2019」
  • 法務省「こども霞が関見学デー2019」
  • 法務省「こども霞が関見学デー2019」事前の申込みが必要なプログラム(一部)
  • 法務省「こども霞が関見学デー2019」当日自由に参加できるプログラム(一部)
  • 法務省「こども霞が関見学デー2019」当日自由に参加できるプログラム(一部)
 25府省庁などによる「こども霞が関見学デー」が、2019年8月7日と8日に開かれる。法務省は検察官による模擬取調べ実演や人権教室など15プログラムを実施。事前の申込みが必要な3つのプログラムは7月19日午後5時まで申込みを受け付けるが、定員に達し次第締め切る。

 こども霞が関見学デーは、文部科学省をはじめとした府省庁などが連携して、業務説明や省内見学などを行うイベント。親子の触れ合いを深め、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、府省庁などの施策に対する理解を深めてもらうことを目的としている。2019年は8月7日・8日に開催され、25府省庁などで実施する。

 法務省は事前に申込みが必要なプログラムとして、「検察官による模擬取調べ実演!」「こども落語会-赤れんが亭-」「めざせ!こども調査官!」の3つを実施。「検察官による模擬取調べ実演!」では、検察官の取調べを見学。検察官に質問したり、取調べの体験もできる。「めざせ!こども調査官!」では、公安調査官となり、情報を集める調査を体験。調査のあとは集めた情報をもとに、クイズ形式の分析に挑戦する。

 当日の自由参加が可能なプログラムとして、12プログラムを実施。人権について人権擁護委員と一緒に考える「人権教室」、入国審査官の仕事体験型クイズに答えて入管バッジがもらえる「みんなで守ろう日本の玄関!君も入国審査官!」、よしもとの芸人と一緒に法務省の仕事を学ぶコラボイベント、簡単な質問に答えるだけで自分の性格を知ることができる「君はどんな性格?法務少年支援センター(少年鑑別所)の広報用性格検査を体験しよう!」など、さまざまなプログラムが用意されている。

 プログラムによって開催日時や場所、対象学年、定員などが異なる。各プログラムの詳細は、法務省Webサイトに掲載。事前申込みが必要なプログラムは、2019年7月19日午後5時までにメールで申し込む。定員に達し次第、受付終了となる。

◆法務省「こども霞が関見学デー」
日時:2019年8月7日(水)・8日(木)10:00~16:00(入場は15:30まで)
入口:法務省西門(東京都千代田区霞が関1-1-1)※赤いれんがの建物側

<事前予約プログラム>
申込締切:2019年7月19日(金)17:00 ※定員に達し次第終了
申込方法:必要事項を入力し、メールにて申し込む
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)