【夏休み2019】中学生以下入館無料…特別展示「熱帯の昆虫と食虫植物」

 板橋区立熱帯環境植物館(通称:グリーンドームねったいかん)は2019年7月13日から9月1日まで、自由研究にも役立つ子どもたちに人気の特別展示「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催する。さらに、8月30日までは中学生以下の入館料が無料。

趣味・娯楽 未就学児
ヘラクレスオオカブトの生体展示
  • ヘラクレスオオカブトの生体展示
  • 熱帯の昆虫と食虫植物
  • 昆虫ふれあいコーナー
  • 昆虫ふれあいコーナー(イメージ)
  • 標本展示コーナー
  • 標本展示コーナー
  • 食虫植物コーナー
  • 昆虫ふれあいコーナー(イメージ)
 板橋区立熱帯環境植物館(通称:グリーンドームねったいかん)は2019年7月13日から9月1日まで、自由研究にも役立つ子どもたちに人気の特別展示「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催する。さらに、8月30日までは中学生以下の入館料が無料。

 板橋区立熱帯環境植物館は、板橋区高島平駅から徒歩7分のところにある、東南アジアの熱帯雨林を立体的に再現した温室やミニ水族館をもつ施設。毎年、夏休み期間に子どもたちに人気の特別企画展示「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催しており、2019年も9月1日まで開催する。

 「熱帯の昆虫と食虫植物」では、東南アジアのカブトムシやクワガタと実際に触れあえる「昆虫ふれあいコーナー」や、中南米のヘラクレスオオカブトなどの生体を展示する「生体展示コーナー」、モルフォチョウなど熱帯の昆虫標本を展示する「標本展示コーナー」、「食虫植物コーナー」などを実施。日本ではあまり見ることのできない、さまざまな種類の昆虫や食虫植物を間近で観察・触れあうことができる。

 また、会期中館内ではさまざまなイベントも開催。エスビー食品協力のもと行う「スパイス&ハーブキッズ わくわくチャレンジ」や、日本全国でも展示例が少ない珍しい巨大淡水エイのエサやりが見学できる「チャオのぱくぱくタイム」、スタッフによるガイドプログラム「食虫植物ちょこっとガイド」、自然写真家・阿部雄介氏によるスライド&トークショー「ボルネオの森とスゴイ!昆虫たち」などが企画されている。いずれも事前申込不要。当日先着順で参加できる。開催日時は異なるため、Webサイトで確認してほしい。

 なお、板橋区立熱帯環境植物館では、7月23日から8月30日までの夏休み期間と、毎週土曜日・日曜日、通常130円の小中学生の入館料が無料になる。未就学児は通常時より無料。夏休みの機会に訪れてみてはいかがだろうか。

◆熱帯の昆虫と食虫植物
会期:2019年7月13日(土)~9月1日(日)
休館日:2019年7月16日(火)、22日(月)、29日(月)、8月5日(月)、19日(月)、26日(月)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
場所:板橋区立熱帯環境植物館(東京都板橋区高島平8-29-2)
入館料:大人260円、小・中学生130円、65歳以上130円
※未就学児無料
※土・日曜日、2019年7月23日(火)~8月30日(金)は小・中学生入館無料

【昆虫ふれあいコーナー】
時間:10:30~12:00/13:30~15:00/15:30~16:30
展示内容:奇数日にはアトラスオオカブト、偶数日にはツヤクワガタ・ヒラタクワガタを展示
定員:各回20名、10分間で交代
参加方法:開始時刻の30分前から整理券配布

◆そのほかのイベント(一部紹介)
【スパイス&ハーブキッズ わくわくチャレンジ】
日時:2019年7月27日(土)10:00~11:00/13:30~14:30
対象:小学生
参加方法:受付時間内であれば当日参加可

【チャオのぱくぱくタイム】
日程:2019年7月17日(水)~8月30日(金)の火・水・木・金曜日
時間:15:30~15:35(約5分間)
定員:なし(水槽前での自由見学)

【食虫植物ちょこっとガイド】
日程:2019年7月17日(水)~8月30日(金)の火・水・木・金曜日
時間:15:00~15:15(約15分間)
定員:先着20名

【スライド&トークショー「ボルネオの森とスゴイ!昆虫たち」】
日時:2019年8月18日(日)14:00~15:00
講師:阿部雄介氏(自然写真家)
定員:先着50名
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)