不登校児童生徒の支援プロジェクト、8/26特別プレゼン開催

 クラスジャパン教育機構は2019年8月26日、不登校の小・中学生を支援する「クラスジャパンプロジェクト」特別プレゼンテーションを開催する。文部科学省担当者による「不登校時の自宅学習を学校の出席扱いとできる」通知の説明などを実施。参加費は無料。

教育イベント 先生
クラスジャパン小中学園
  • クラスジャパン小中学園
  • 「クラスジャパンプロジェクト」特別プレゼンテーションの開催概要
 クラスジャパン教育機構は2019年8月26日、不登校の小・中学生を支援する「クラスジャパンプロジェクト」特別プレゼンテーションを開催する。文部科学省担当者による「不登校時の自宅学習を学校の出席扱いとできる」通知の説明などを実施。参加費は無料。

 文部科学省は2005年、不登校児童生徒が自宅においてITなどを活用した学習活動を行う際に、一定の要件などを満たした場合、指導要録上出席扱いとし、その成果を評価に反映することができる旨を通知している。「クラスジャパンプロジェクト」は、文部科学省から教育委員会の通知要件に基づき、不登校の生徒でも自宅での学習成果が学校の出席や成績評価の参考となる、不登校生徒のネットスクール「クラスジャパン小中学園」を2019年に開校。在宅ネット学習支援を通して、ひとりひとりの状況にあわせた 「安心して学べる居場所づくり」と「進路の確保」を目指している。

 クラスジャパン教育機構が主催する特別プレゼンテーションでは、クラスジャパン小中学園校長の原田隆史氏による「基調プレゼンテーション」や、自身の10年間の不登校経験をもとに支援活動を行う小幡和輝氏によるスピーチ「不登校は不幸じゃない」を実施。小幡和輝氏のスピーチでは、子どもたちのSOSサインにどう気付くか、気付いたうえで、どう対応すべきかを考える。

 そのほか、文部科学省初等中等教育局児童生徒課の担当者が、ITを活用した在宅学習による学校の出席扱いについて、改めて説明を行う。自宅学習の出席扱い実践事例として、西会津中学校、尼崎市、クラスジャパン小中学園の事例も発表するという。

 参加希望者は、クラスジャパン小中学園Webサイトから申し込む。参加費は無料。当日はクラスジャパン公式Facebookページにて、ネット中継も行う予定。

◆「クラスジャパンプロジェクト」特別プレゼンテーション
日時:2019年8月26日(月)16:00~17:30予定 受付時間は15:30~16:00
会場:大手町サンスカイルーム(東京都千代田区大手町2丁目6-1 朝日生命大手町ビル27F)
参加費:無料
申込方法:クラスジャパン小中学園Webサイトから申し込む
※当日はクラスジャパン公式Facebookにてネット中継を実施
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)