郁文館夢学園、ハイブリット型通信制高校「ID学園」4月開校

 郁文館夢学園は2020年4月、新たな広域通信制高校「ID学園高等学校」を開校する。通信制の時間的自由度の高さと、全日制の豊富な学びのプログラムを両立できるハイブリット型通信制高校で、長野県東御市に本校、東京都文京区に東京本部校を設置する。

教育・受験 中学生
「ID学園高等学校」はハイブリット型通信制高校
  • 「ID学園高等学校」はハイブリット型通信制高校
  • ITツール&アプリの積極的な活用で、学びの場を限りなく自由に
  • 全日制教員による「顔の見える通信制」で安心のサポート
  • 落ち着いて快適に学べる充実の学習環境(本校)
  • 落ち着いて快適に学べる充実の学習環境(本校)
  • 落ち着いて快適に学べる充実の学習環境(東京本部校)
  • 落ち着いて快適に学べる充実の学習環境(東京本部校)
  • 「第4の学校教育」で、新たな日本の高校教育の実現に挑戦していく
 郁文館夢学園は2020年4月、新たな広域通信制高校「ID学園高等学校」を開校する。通信制の時間的自由度の高さと、全日制の豊富な学びのプログラムを両立できるハイブリット型通信制高校で、長野県東御市に本校、東京都文京区に東京本部校を設置する。

 郁文館夢学園は「子どもたちの幸せのためだけに学校はある」という教育理念のもと、「子どもたちに夢を持たせ 夢を追わせ 夢を叶えさせる」ことを教育目的に掲げている。独自の教育プログラム「夢教育」では、これまでの学校教育の常識にとらわれないさまざまな取組みを行い、実績をあげている。

 ID学園高等学校では、全日制の郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校で培った夢教育の成果を全面的に展開。通信制課程の仕組みをベースに、生徒の自立・自己選択に基づいて行われる学校と社会が一体と捉えた環境整備型の教育「第4の学校教育」で、新たな日本の高校教育の実現に挑戦していく。

 本校は、長野県東御市の標高1,100m地点の大自然に位置する郁文館夢学園の研修センター。年に1度開校されるスクーリング拠点として、東御市の自然環境を最大限活用したプログラムを実施する。東京本部校は、夏目漱石や森鴎外など文人たちが暮らした町「文教エリア」に位置する郁文館夢学園。

 企業インターンシップや行政、大学研究室との協働の学び、海外留学など、あらゆる世界や社会の中に身を置き、さまざまな経験を通じた学びを重視する。各種ITツール・アプリケーションを活用し、どこからでも学習課題の提出や、先生とコミュニケーションを取ることができる。

 郁文館夢学園全日制高校で経験豊富や教員が、電話やスカイプを使って定期的に声かけを行うので、生徒ひとりひとりに合った進路・進学指導を展開。生徒の夢の実現を支援し、進路決定率100%を目指していくとしている。

◆ID学園高等学校
校種:広域通信制課程(単位制)普通科
開校時期:2020年4月
所在地:本校/長野県東御市新張1931、東京本部校/東京都文京区向丘2-19-1
修業年限:3か年
募集コース:全日型(グローバルコース・ソーシャルコース)、フレックス型(フレックスコース)
出願時期:募集要項の公開、出願開始は2020年2月1日(土)から
出願資格:
・新入学/2020年3月に卒業見込みの者・中学卒業後、高等学校に入学していない者
・転入学/現在、高等学校在学中で同校への転校を希望する者
・編入学/高等学校を中途退学した者で同校への編入を希望する者
※初年度は、関東甲信1都8県(長野県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)在住者を対象に募集する
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)