STAY HOMEにも対応「STEAM English Academy」東京・大阪開校

 GLOBAL VISIONは2020年5月8日、AR・VR・AI技術を駆使してグローバル社会で活躍するために必要な「創造力」を英語で学ぶ「STEAM English Academy」を東京と大阪に同時開校した。新型コロナウイルスの感染拡大予防に対応し、STAY HOMEに対応したプログラムを実施している。

教育・受験 小学生
STEAM English Academy 恵比寿校
  • STEAM English Academy 恵比寿校
  • 教室での学び
  • オンライン英語学習・ライブ通信英語授業の流れ
  • AR学習イメージ
  • 提携校のオークランド・インターナショナル・カレッジ(AIC)
  • W Global Academy SEA 靭公園前校 エマニュエル ワルドフォゲル校長
  • STEAM English Academy 恵比寿校 柴山健太郎校長
  • STEAM English Academy
 GLOBAL VISIONは2020年5月8日、AR・VR・AI技術を駆使してグローバル社会で活躍するために必要な「創造力」を英語で学ぶ「STEAM English Academy」を東京と大阪に同時開校した。新型コロナウイルスの感染拡大予防に対応し、STAY HOMEに対応したプログラムを実施している。

 「STEAM English Academy」は、幼稚園年長~小学3年生を対象とした「創造的に問題を解決する能力」を英語で育成する学習プログラム。「世界大学ランキングTOP50を目指す英語学習」をスローガンに、AR・VR・AI技術などの創造的思考力を習得する技術を英語“で”学ぶことが特徴。今回、東京の「STEAM English Academy 恵比寿校」と大阪の「W Global Academy SEA 靭公園前校」を開校した。

 教材は世界各国で使用されている教科書から社会科学、数学、科学、健康、芸術、体育の6つの分野の内容を選定し、それらをブレンドした計120のトピックスで構成。これらの教材を、探求学習(Project Based Learning)で学ぶことで国際的な視野と知識を自然に獲得していく。さらに、STEAM学習の「A」にあたる「Arts(Design)」を重視しているほか、基礎的な発音から小学5~6年生の時点で英語でディベートをすることができる能力を身に付ける「5-Paragraph Essay」の作成まで、段階的に論理的思考を育成する。

 学習は、教室での授業(c-Learning)に加え、AR・VR・AI技術を駆使したタブレットでの予習・復習(i-Learning)を導入。双方を融合することにより、知識の習得だけでなく創造性に満ちたCreative Learningを英語で行う。また、IB(国際バカロレア)プログラムを採用した国際バカロレア機構の認可校でもあるオークランド・インターナショナル・カレッジ(AIC)と提携。世界大学ランキングTOP50に入学する生徒の輩出を目指す。

 なお、新型コロナウイルスの感染拡大予防のための緊急事態宣言に伴う「STAY HOME」が実施されている中、学習機会を確保するための緊急措置として、教室での授業ではなく英語講師による双方向の「オンライン英語学習・ライブ通信英語授業」を実施している。本来の教室での授業(c-Learning)をビデオ会議システム「Zoom」を活用した英語講師による双方向「ライブ授業」に代替し、ARを活用したオンライン学習(i-Learning)を付加することで通常授業とほぼ同等のサービスを実現しているという。

 開校にあたり、各校の校長は「英語をひとつのツールとして自らの問題を提議したり解決したりする力を育むカリキュラムであり、英語力というよりも1人の“個”を成長させることができるプログラムであると感じました」「STEAMをベースとした幅広い知識を英語で学べるので、自分自身で考え探求する力が身に付けられるようになると確信しています」といったコメントを寄せている。

 2020年の開講クラスや各校の紹介、問合せ方法などはWebサイトで確認できる。今後は、未就学生用、中学・高校生用の学習プログラムも提供していく予定だという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)