Z会とソニーが協業、プログラミングSTEAM講座開講

 Z会とソニー・グローバルエデュケーションは、プログラミング教育サービスの拡大に向けて協業する。通信教育「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」を共同開発し、2020年6月11日より申込受付を開始した。

教育ICT 小学生
Z会とソニー・グローバルエデュケーションが協業
  • Z会とソニー・グローバルエデュケーションが協業
  • 通信教育「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」
  • オリジナルテキスト「みらいワーク」一例
 Z会とソニー・グローバルエデュケーションは、プログラミング教育サービスの拡大に向けて協業する。通信教育「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」を共同開発し、2020年6月11日より申込受付を開始した。Z会の会員だけでなく、全国の小学生が申込可能。

 Z会グループとソニー・グローバルエデュケーションは、AIをはじめとするテクノロジーが活用される新しい社会において、子どもたちに必要な教育とは何かについて、包括的な業務提携の枠組みの中で共に考えてきた。

 通信教育「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」では、「STEAM教育」をベースにしたオリジナルカリキュラムと、ロボット・プログラミング教材KOOVを使って学ぶ。オリジナルテキスト「みらいワーク」とアイデアをかたちにできる「KOOV」を組み合わせることにより、プログラミングのスキルだけでなく、読解力やデータの読み取り、科学的・数学的な思考力といった、新しい学力を総合的に育成する。なお、STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の略。

 講座は、「スタンダード1」「スタンダード2」「スタンダード3」があり、それぞれ1年間、計3年間でスタンダードコースが完結する。各スタンダードに学びのテーマがあり、プログラミング診断テストも提供する。推奨学年は、「スタンダード1」が小学1~3年生、「スタンダード2」が1の修了者(小学2年生以上)、「スタンダード3」が2の修了者(小学3年生以上)。各講座とも月1回、全12回の1年間カリキュラム。プログラミングを行うには、タブレットまたはパソコンが必要となる。

 受講料金(月額)は、スタンダード1が4,000円(12か月一括払い時3,400円)、スタンダード2と3が5,000円(同4,250円)。最初の申込時にKOOVアドバンスキットを別途購入する(4万7,520円、いずれも税別)。講座申込と同時にKOOVアドバンスキットを購入した人に、キット5,000円引きの新規開講キャンペーンを2020年8月31日まで実施している。

 今後は、スタンダードコース修了者向けに、より発展的なカリキュラムについても検討していくという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)