コロナ禍での就活や受験支援「学生1,000人応援プロジェクト」

 高速夜行バス「VIPライナー」観光バスツアー「VIPツアー」を運営する平成エンタープライズは、新型コロナウイルスの影響で困窮する学生1,000人に対し、高速バス乗車2回分と宿泊1泊分のセットを無料提供する「学生1,000人応援プロジェクト」を企画。募集を開始した。

生活・健康 大学生
学生1,000人応援プロジェクト
  • 学生1,000人応援プロジェクト
  • 高速バス「VIPライナー」
  • ホステル「わさび」
  • ホステル「わさび」
  • 代表・田倉貴弥氏
  • プロジェクトメンバー
 高速夜行バス「VIPライナー」観光バスツアー「VIPツアー」を運営する平成エンタープライズは、新型コロナウイルスの影響で困窮する学生1,000人に対し、高速バス乗車2回分(往復相当)と宿泊1泊分のセットを無料提供する「学生1,000人応援プロジェクト」を企画。募集を開始した。

 新型コロナウイルス感染拡大予防の影響により、学生自身がアルバイトができないことによる収入源、親の失業や収入源により、学費や生活費の確保が難しく学校を辞めざるを得ない状況に陥っている学生が多数いるという。今回、自身も父親の会社倒産により学校を辞めた経験を持つ代表・田倉貴弥氏の発案により、コロナ禍で困っている学生たちのを支えることを目的に「学生1,000人応援プロジェクト」を企画。おもに移動機会の多い就活生や受験生、家計が特に苦しい状況にある学生、シングルマザー、シングルファザーの家庭に提供したいとしている。

 プロジェクトでは、高速バス「VIPライナー」2回分(往復相当)とホステル「わさび」1泊分を1セットとして学生合計1,000人に無料で提供する。募集期間は2020年8月15日までの約2か月間。応募の際、応募理由として今回どれだけ困っているのか、コロナ禍での就活にかける思いや受験にかける思いの提出が条件となる。応募者の中から、ひっ迫度合いの高い学生、思いの強い学生から順に1,000名を決定。8月末に本人に連絡する。

 対象は、高校生・短大生・大学生・専門学校生・高専生・大学院生・予備校生。18歳未満の場合は保護者の同意書が必要となる。利用は9月から2021年2月までの期間内(利用可能日)。VIPライナーは各路線のうちいずれか、ホステルわさびは、日暮里・名古屋駅前・大阪Bed with Libraryのいずれかを利用できる。詳しい応募資格・応募条件・応募方法については、VIPライナーやホステルわさびのWebサイト内プロジェクトページにて確認できる。

 プロジェクトでは、クラウドファンディングでの資金調達も実施。費用負担は概算で1,500万円以上にのぼり、観光業が打撃を受ける中、平成エンタープライズだけでの支援は厳しいことからクラウドファンディングで支援の輪が広がることを願っているという。なお、目標金額に満たない場合でもプロジェクトは実行する。クラウドファンディングは「GoodMorning」にて実施している。

◆学生1,000人応援プロジェクト
内容:高速バス「VIPライナー」2回分+ホステル「わさび」の宿泊1泊分を1セットとして無償提供する
対象:新型コロナウイルスの影響で困っている高校生・短大生・大学生・専門学校生・高専生・大学院生・予備校生
※学割が提出できる学校に通学、無認可でない学校に通学している場合に限る
※特に移動の多い就活生や専門学校生、受験生のほか、シングルマザーやシングルファザーなど家計状況が苦しい家庭の学生を優先
募集期間:2020年6月11日(木)~8月15日(土)
実施期間:2020年9月~2021年2月末日
応募方法:VIPライナー会員またはVIPツアー会員に登録後、VIPライナーWebサイト、ホステル「わさび」Webサイト、VIPツアーWebサイトのいずれかの専用フォームから応募する
応募条件:
・応募は1人1回
・日本国内在住で実施期間内に利用のできる人
・応募理由として「困っている状況」「思いのたけ」を綴り提出する
対象サービス:VIPライナー各路線(東京→大阪、大阪→東京、東京→名古屋、名古屋→東京、東京→金沢、金沢→東京、名古屋→高山、高山→名古屋の各4列シートバス)、ホステルわさび日暮里、わさび名古屋駅前、わさび大阪Bed with Library
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)