灘の大学合格実績、東大79人・京大49人

 灘高等学校は、2020年度入試の大学合格者数を発表した。東京大学に79人、京都大学に49人、慶應義塾大学に24人、早稲田大学に23人合格した。卒業生に占める現役合格者の割合は、東京大学が25.9%、京都大学が14.1%だった。

教育・受験 高校生
灘中学校・灘高等学校
  • 灘中学校・灘高等学校
  • 2020年度入試 大学合格者数
 灘高等学校は、2020年度入試の大学合格者数を発表した。東京大学に79人、京都大学に49人、慶應義塾大学に24人、早稲田大学に23人合格した。卒業生に占める現役合格者の割合は、東京大学が25.9%、京都大学が14.1%だった。

 灘高等学校の2020年度の大学合格者数は、国公立大学が現役生125人と過年度生88人の計213人、私立大学・その他(大学校とアメリカの大学を含む)が現役生37人と過年度生108人の計145人。なお、2020年3月卒業の現役生(72回生)は220人。

 大学・学部別に見ると、東京大学は文科一類12人、文科二類4人、文科三類3人、理科一類35人、理科二類11人、理科三類14人の計79人。このうち、現役生は57人、過年度生は22人。また、京都大学は、文学部1人、法学部2人、経済学部1人、教育学部1人、理学部7人、工学部10人、農学部1人、薬学部2人、医学部24人の計49人。このうち、現役生は31人、過年度生は18人だった。

 国公立大学の医学部合格者数を見ていくと、京都大学(再掲)24人、大阪大学11人、神戸大学3人、東京医科歯科大学3人、京都府立医科大学3人、奈良県立医科大学6人、岡山大学3人、九州大学3人など、医学部に多数合格者を輩出している。

 私立大学の合格者数は、慶應義塾大学24人、早稲田大学23人、東京理科大学8人、同志社大学18人、立命館大学9人など。防衛医科大学校には12人が合格した。また、Northwestern UniversityとUC Berkeley、UCLAにそれぞれ現役生が1人ずつ合格した。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)