読書感想文コンクール2020年の課題図書…中学校は3冊

 全国学校図書館協議会と毎日新聞社は「第66回青少年読書感想文全国コンクール」を開催する。応募者の年齢は満20歳まで。応募者の在籍する校種によって、応募を5部10区分とする。中学校の課題図書は3冊。締切りは都道府県により異なる。

教育・受験 中学生
読書感想文コンクール 中学校の部の課題図書
  • 読書感想文コンクール 中学校の部の課題図書
  • 読書感想文コンクール 中学校の部の課題図書
 全国学校図書館協議会と毎日新聞社は「第66回青少年読書感想文全国コンクール」を開催する。応募者の年齢は満20歳まで。応募者の在籍する校種によって、応募を5部10区分とする。中学校の課題図書は3冊。締切りは都道府県により異なる。

 青少年読書感想文全国コンクールは、子どもや若者が本に親しむ機会をつくり、読書の楽しさ、すばらしさを体験させ、読書の習慣化を図るのが趣旨。より深く読書し、読書の感動を文章に表現することを通して、豊かな人間性や考える力を育む。

 対象図書は、主催者が指定した課題図書「課題読書」と、自由に選んだ「自由読書」の2種類。自由読書は、フィクション、ノンフィクションを問わない。課題図書であっても該当の部以外であれば、自由読書として応募することができる。ただし、教科書、副読本、読書会用テキスト類またはこれに準ずるもの、雑誌(別冊付録を含む)、パンフレット類、日本語以外で書かれた図書および課題図書は対象としない。

 応募者の年齢は満20歳まで(2000年4月2日以降に出生の者)。応募者の在籍する校種によって、応募を小学校低学年・中学年・高学年、中学校、高等学校の5部とし、それぞれ課題読書・自由読書の計10区分とする。

 中学校の課題図書は、いとうみく著「天使のにもつ」、アリッサ・ホリングスワース作「11番目の取引」、弓狩匡純著「平和のバトン:広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶」の3冊。出版社や価格、みどころなどの書籍情報はWebサイトで確認できる。また、試し読みも可能。

 応募は日本語で書かれた作品に限る。課題読書・自由読書それぞれに1人1編ずつ応募できる。文字数は、中学校の部が本文2,000字以内。作品提出は、必ず在籍校を通じて提出する。締切りは都道府県により異なる。

 入賞発表は、在籍校を通じて本人宛に通知する。同時に、2021年2月「毎日新聞」「毎日小学生新聞」「学校図書館」「学校図書館速報版」紙上で発表する。課題読書・自由読書を通じて各部1編を最優秀作品として内閣総理大臣賞を贈呈。また、在籍校には学校賞を贈呈する。

◆第66回青少年読書感想文全国コンクール
中学校の部の課題図書
・天使のにもつ(いとうみく著、丹下京子絵、童心社)
・11番目の取引(アリッサ・ホリングスワース作、もりうちすみこ訳、鈴木出版)
・平和のバトン:広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶(弓狩匡純著、くもん出版)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)