atama plus「学習状況調査」中学生55%が小学生で習う単元につまずき

 atama plusは、AI先生「atama+」を利用する中高生の学習状況を調査。atama+で数学を学習した中高生のうち、高校生の約46%が中学生範囲の単元に、中学生の約55%が小学生範囲の単元につまずきを抱えていたことがわかった。

教育・受験 未就学児
atama plus「学習状況調査」
  • atama plus「学習状況調査」
 atama plusは、AI先生「atama+」を利用する中高生の学習状況を調査。atama+で数学を学習した中高生のうち、高校生の約46%が中学生範囲の単元に、中学生の約55%が小学生範囲の単元につまずきを抱えていたことがわかった。

 atama plusは、教育をひとりひとりに最適化するAI教材「atama+」を全国の塾・予備校1,900教室以上(8月27日時点)に提供している。調査は中高生の学習実態を明らかにするために、2020年5月1日~7月31日の期間内でatama+で数学を学習した高校生・中学生それぞれ約3万人を対象に実施。atama+を利用する生徒の学習データを分析し、中高生のつまずきの傾向を調査した。
リシードで全文を読む
《田中志実》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)