黒板全面に投影可能なプロジェクター「ワイードプラス」

 サカワは2020年9月16日、ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイードプラス」SP-UW4000を発売する。黒板に児童生徒のタブレット画面を並べて見せる機能や、板書を保存し再利用できる機能などを新たに搭載している。

教育ICT 小学生
ワイードプラス
  • ワイードプラス
 サカワは2020年9月16日、ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイードプラス」SP-UW4000を発売する。黒板に児童生徒のタブレット画面を並べて見せる機能や、板書を保存し再利用できる機能などを新たに搭載している。

 「ワイード」は、黒板全面に投影可能なウルトラワイド超短焦点プロジェクター。2016年に発売を開始して以降多くの教育関係者に利用され、2020年度中には計3,000台を導入予定だという。この度、明るさが大幅アップした新機種「ワイードプラス」を発売する。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)