大学の後期授業…対面のみ2割、遠隔と併用8割

 文部科学省は2020年9月15日、大学などの後期授業の実施方針について調査結果を公表した。ほぼすべての大学が対面授業を実施予定とし、「全面対面」は19.3%、「対面と遠隔の併用」は80.1%。約6割の大学が「おおむね全員の学生が週2日以上通学できる」と回答した。

教育業界ニュース 文部科学省
後期授業の方針
  • 後期授業の方針
 文部科学省は2020年9月15日、大学などの後期授業の実施方針について調査結果を公表した。ほぼすべての大学が対面授業を実施予定とし、「全面対面」は19.3%、「対面と遠隔の併用」は80.1%。約6割の大学が「おおむね全員の学生が週2日以上通学できる」と回答した。

 「大学等における後期等の授業の実施方針等に関する調査」は8月25日~9月11日、文部科学省が全国の国公私立大学と高等専門学校を対象に実施したもの。内訳は、国立大86校、公立大102校、私立大815校、高等専門学校57校の計1,060校。公立大と私立大には短期大学を含み、通信制課程のみを持つ大学は除いている。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)