文科省概算要求、少人数指導などコロナ対応に5,982億円

 文部科学省は2020年9月29日、2021年度(令和3年度)概算要求を発表した。総額は前年度比6,058億円増の5兆9,118億円。少人数指導体制や教職員の加配、GIGAスクールサポーターの配置、感染症対策専門家の学校派遣、学習者用デジタル教科書の普及促進などを盛り込んでいる。

教育業界ニュース 文部科学省
GIGAスクールサポーター配置促進事業
  • GIGAスクールサポーター配置促進事業
 文部科学省は2020年9月29日、2021年度(令和3年度)概算要求を発表した。総額は前年度比6,058億円増の5兆9,118億円。少人数指導体制や教職員の加配、GIGAスクールサポーターの配置、感染症対策専門家の学校派遣、学習者用デジタル教科書の普及促進などを盛り込んでいる。

 2021年度の文部科学関係概算要求額は、前年度(2020年度)比11.4%増の5兆9,118億万円。「Society 5.0」などの到来を見据えながら、誰にでもチャンスあふれる国へと変え、わが国の未来を切り拓いていくために教育再生、科学技術・イノベーション、スポーツ・文化芸術の振興により、「未来への先行投資」を行う。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)