中高生対象、東工大「Gateway to Science」ノーベル賞受賞大隈氏など1/23

 東京工業大学は、未来を担う中学生と高校生をメインターゲットとした公開レクチャー「第4回Gateway to Science~細胞の不思議発見・オートファジー」を、2021年1月23日にオンラインにて開催する。事前申込制で定員は1,000名。

教育・受験 高校生
中高生のための東工大Gateway to Science
  • 中高生のための東工大Gateway to Science
  • 「第4回Gateway to Science~細胞の不思議発見・オートファジー」内容
 東京工業大学は、未来を担う中学生と高校生をメインターゲットとした公開レクチャー「第4回Gateway to Science~細胞の不思議発見・オートファジー」を、2021年1月23日にオンラインにて開催する。事前申込制で定員は1,000名。

 面白い科学技術を見聞きすることで、若者が大きな夢を持って科学者や技術者を目指すきっかけになれば、という思いをこめて開催される「中高生のための東工大Gateway to Science」。第4回は「細胞の不思議発見・オートファジー」をテーマに、オンライン開催される。

 「第4回Gateway to Science~細胞の不思議発見・オートファジー」では、2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞した東京工業大学の大隅良典栄誉教授と、その研究グループによる講演を聞くことができる。また、大隈研究室ツアーやオートファジーの顕微鏡観察も見ることができるなど、オンラインならではの貴重な内容となっている。

 開催は2021年1月23日の午後2時から午後4時まで、オンラインにて実施。メインターゲットは中高生だが、小学校高学年およびその保護者も参加することができる。事前申込制で定員は1,000名。申込みはWebサイトより行うことができる。

◆第4回Gateway to Science~細胞の不思議発見・オートファジー
日時:2021年1月23日(土)14:00~16:00
対象:高校生・中学生・小学校高学年およびその保護者
定員:1,000名
申込み:Webサイトより行う
《海野由宇》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top