京都大学と内田洋行、教育AIの開発・実証研究を本格化

 京都大学学術情報メディアセンターと内田洋行教育総合研究所は2020年11月、教育AIの開発・実証研究を本格的に開始する。教育用AIエンジンを構築するとともに、京都市教育委員会の指定した実証校と連携し、ラーニングアナリティクスの学校現場への導入に取り組む。

教育業界ニュース 教育ICT
教育用説明生成AIエンジン「EXAIT」(イメージ)
  • 教育用説明生成AIエンジン「EXAIT」(イメージ)
 京都大学学術情報メディアセンターと内田洋行教育総合研究所は2020年11月、教育AIの開発・実証研究を本格的に開始する。教育用AIエンジンを構築するとともに、京都市教育委員会の指定した実証校と連携し、ラーニングアナリティクスの学校現場への導入に取り組む。

 学校教育現場では、GIGAスクール構想で1人1台端末整備が加速し、テストなどをコンピューターで実施するCBTが行われるなど、データを生かすためのAI活用の研究が始まっている。ただ、AIが解析したデータに学習者が納得できなければ、主体的な意欲を引き出せないという課題があった。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)