2020ティーントレンドランキング、ヒト・コト部門共通の1位は?

 マイナビティーンズラボは2020年11月19日、「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表した。ヒト部門の1位は「NiziU」、コト部門の1位は「Nizi Project」がランクイン。モノ部門の1位には、さまざまなトレンドに影響を及ぼした「TikTok」が選ばれた。

趣味・娯楽 高校生
2020年ティーンが選ぶトレンドランキング
  • 2020年ティーンが選ぶトレンドランキング
  • 流行ったヒト ランキング
  • 流行ったコト ランキング
  • 流行ったモノ ランキング
  • 流行ったコトバ ランキング
 マイナビティーンズラボは2020年11月19日、「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表した。ヒト部門の1位は「NiziU」、コト部門の1位は「Nizi Project」がランクイン。モノ部門の1位には、さまざまなトレンドに影響を及ぼした「TikTok」が選ばれた。

 マイナビティーンズラボでは、ティーンマーケティングやリサーチを行い、ティーンの定番や流行の情報を発信している。「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」は、マイナビティーンズメンバー211名よりフリーアンサーで抽出したワードの中から、JK編集部が4つのジャンルごとに30項目をピックアップ。その中からマイナビティーンズ会員に複数選択式アンケートを実施し、その結果を集計した。回答数は13~19歳の女性503名、調査期間は2020年10月9日~25日。

 流行ったヒト編では、1位に「NiziU」がランクイン。1万人以上の中から選ばれたメンバーによるグローバル・ガールズグループで、振付をマネしたダンス動画が数多くSNSに投稿された。デビューのきっかけとなった日韓合同オーディション「Nizi Project」は流行ったコト編の1位に選ばれ、2020年のトレンドの中心となった。2位の「北村匠海(DISH//)」は俳優・歌手の活動がいずれも話題に。あいみょんが作詞作曲した配信シングル「猫」はコト編の3位にランクインしている。3位は、関西ジャニーズJr.のグループ「なにわ男子」。デビュー前にも関わらず、ティーンで知らない人はいないほどの人気ぶりとなっている。

 流行ったモノ編の1位は「TikTok」。ティーンの間では定番のSNSアプリで、自粛期間中に生まれたハッシュタグ「#休校チャレンジ」は2億3,500万回視聴(11月2日時点)と驚異的な視聴回数となっている。また、TikTokによって広まったコトバ・コトも多くランクインしており、テレビやSNSから生まれたモノがTikTokで拡散されるという潮流も発生するなど、ティーンのトレンドに大きな影響を及ぼした。2位は「Zoom」、3位は「無観客ライブ」となり、ティーンの間でもコロナ禍での新たなスタンダードとなっている。

 流行ったコトバ編の1位は、TikTokで拡散したワード「きゅんです」。2位はヒトランキング10位の人気YouTuberパパラピーズが使用して流行った「~してもろて」。「~してね」という意味で使われる。3位は「あざとかわいい」で、“あざとかわいい男子”に夢中になるティーン女子が増加中だという。

 Webサイトでは各部門10位までのランキングと解説を掲載。ランキングの要因を分析している。

◆2020年ティーンが選ぶトレンドランキング(各トップ5)
【流行ったヒト】
1位 NiziU
2位 北村匠海(DISH//)
3位 なにわ男子
4位 志尊淳
5位 Snow Man
【流行ったコト】
1位 Nizi Project
2位 スマホのホーム画面カスタマイズ
3位 「猫」(DISH//)
4位 地雷メイク
5位 シャボン玉映え
【流行ったモノ】
1位 TikTok
2位 Zoom
3位 無観客ライブ
4位 rom&nd
5位 CLIOアイシャドウパレット
【流行ったコトバ】
1位 きゅんです
2位 ~してもろて
3位 あざとかわいい
4位 アセアセ
5位 ディスタンス
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)