11/30夕方より「半影月食」満月「ビーバームーン」も

 地球の半影に月が隠される「半影月食(はんえいげっしょく)」が、2020年11月30日の夕方から宵にかけて起こる。11月30日は満月(ビーバームーン)でもあり、ウェザーニュースによると太平洋側を中心に広い範囲で好天にも恵まれそうだ。

生活・健康 その他
2020年11月30日18時43分(東京)の半影月食のシミュレーション (c) アストロアーツ
  • 2020年11月30日18時43分(東京)の半影月食のシミュレーション (c) アストロアーツ
  • 11月30日夕方~12月1日明け方の天気予測
 地球の半影に月が隠される「半影月食(はんえいげっしょく)」が、2020年11月30日の夕方から宵にかけて起こる。11月30日は満月(ビーバームーン)でもあり、ウェザーニュースによると太平洋側を中心に広い範囲で好天にも恵まれそうだ。

 半影月食とは、月が地球の影のうち「半影」と呼ばれる薄い影の部分に入り込んだ状態。一般的な月食(本影月食)のように月が欠けて見えることはなく、グラデーションのように片側が少し暗く見える。

 アストロアーツによると、食の始まりは11月30日の午後4時32分ごろ、食の最大は午後6時43分ごろ、終わりは午後8時53分ごろ。いずれも全国共通。食の始まりの時点では、西日本は日の入り前かつ月の出の前、東日本は空が明るく低空での現象となるため、食の最大から終了を中心に月の明るさの変化を追ってみるとよいという。

 ウェザーニュースによると、11月30日は午後6時半ごろに満月を迎え、満月の瞬間をはさむ時間帯に半影月食が起こる。11月の満月は、英語で「Beaver Moon(ビーバームーン)」と呼ばれることがある。11月30日夕方から12月1日明け方にかけて、日本付近は冬型の気圧配置となるため、太平洋側ほど晴れ、満月は「バッチリ見える」予想。北日本から北陸にかけての日本海側は雲が広がりやすくなるが、秋田周辺では雲の切れ間から満月を見るチャンスがありそうだという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)