理研DAY、理科嫌いが科学者になった話12/25オンライン

 理化学研究所(理研)は2020年12月25日、「理研DAY:研究者と話そう!」をオンラインで開催する。12月の理研DAYのテーマは「理科嫌いが科学者になった話」。Zoom参加者の定員は先着60名。Webサイトにて申込みを受け付けている。当日のようすはYouTubeでもライブ配信予定。

教育イベント 小学生
理研DAY:研究者と話そう!「理科嫌いが科学者になった話」
  • 理研DAY:研究者と話そう!「理科嫌いが科学者になった話」
  • 今後の予定
 理化学研究所(理研)は2020年12月25日、「理研DAY:研究者と話そう!」をオンラインで開催する。12月の理研DAYのテーマは「理科嫌いが科学者になった話」。Zoom参加者の定員は先着60名。Webサイトにて申込みを受け付けている。当日のようすはYouTubeでもライブ配信予定。

 理研DAYは、研究者に対する疑問や質問を直接聞くことができるイベント。これまで科学技術館で行われていたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し7月よりオンラインで実施している。

 12月の理研DAYのテーマは「理科嫌いが科学者になった話」。生命医科学研究センター 統合細胞システム研究チームの柚木克之チームリーダーが登壇し、生物が一番嫌いな科目だった自身の中学時代の話を交えながら、中学校では別の科目である理科と数学、そしてプログラミングがどのように融合して生命の謎を解き明かすのか。また、柚木氏が研究している「システム生物学」や「トランスオミクス」という分野の本物のデータを例に取った研究現場の話を紹介する。

 対象は小学生から大学生まで。一般の参加も可能。Zoomによる参加者は研究者とのトークに参加できる。Zoomでの参加は先着60名まで。Webサイトの申込フォームで参加申込を受け付けている。また、当日のようすはYouTubeでもライブ配信する予定。

 今後は、2021年1月と2月にも開催が予定されている。

◆理研DAY:研究者と話そう!
開催日:2020年12月25日(金)
時間:18:00~18:30
登壇者:柚木克之チームリーダー(生命医科学研究センター 統合細胞システム研究チーム)
テーマ:理科嫌いが科学者になった話
対象:小学生~大学生、一般
視聴方法:ZoomもしくはYouTube
定員:先着60名(Zoom)
申込方法:Webサイトの申込フォームにて受け付けている(Zoom)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)