小学校高学年に教科担任制を導入、中教審が答申

 中央教育審議会は2021年1月26日、「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」を答申した。小学校高学年の外国語・理科・算数への教科担任制の本格導入、高校普通科の弾力化・大綱化などを求めている。

教育業界ニュース 文部科学省
「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~すべての子どもたちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~
  • 「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~すべての子どもたちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~
 中央教育審議会は2021年1月26日、「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」を答申した。小学校高学年の外国語・理科・算数への教科担任制の本格導入、高校普通科の弾力化・大綱化などを求めている。

 「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~すべての子どもたちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」は、第I部総論と第II部各論で構成。2020年代を通じて実現を目指す学校教育を「令和の日本型学校教育」とし、総論で改革の方向性、各論で実現に向けた具体的な方策などを示している。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top