【GW2021】冒険やナイトプールごっこ…おうち時間を楽しむ工夫は?

 東京都で3度目の緊急事態宣言が出される等、多くの人がおうちで過ごすことが予想される2021年のゴールデンウィーク。エイチームフィナジーはそんなおうち時間を楽しむ工夫について1,210人にアンケートを実施。ごっこ遊びやDIY等、さまざまなヒントが出てきた。

生活・健康 未就学児
GWの過ごし方とおうち時間を楽しむ工夫に関する調査
  • GWの過ごし方とおうち時間を楽しむ工夫に関する調査
  • 今年のGWはどのように過ごす予定か
  • 子供とおうち時間を楽しむ工夫をしているか
 東京都で3度目の緊急事態宣言が出される等、多くの人がおうちで過ごすことが予想される2021年のゴールデンウィーク。エイチームフィナジーはそんなおうち時間を楽しむ工夫について1,210人にアンケートを実施。ごっこ遊びやDIY等、さまざまなヒントが出てきた。

 「GWの過ごし方とおうち時間を楽しむ工夫に関する調査」は、エイチームのグループ、エイチームフィナジーが運用する「ナビナビ住宅ローン」が小学生以下の子供をもつ20~30代の男女1,210人を対象に実施。調査期間は2021年3月25日~26日。調査エリアは東京都、大阪府、京都府、兵庫県。インターネットで調査した。

 調査を実施した3月末時点で、2021年のゴールデンウィーク(5月1日~5日)については「自宅で過ごす」という人がもっとも多く43.7%。ついで「日帰りで出かける」29.3%、「泊りがけで出かける」18.4%だった。25.0%は「わからない」と答えており、その後出された緊急事態宣言等の影響もあり「自宅で過ごす」割合はさらに増加していると予想される。

 子供と一緒に自宅で楽しめる遊びや工夫をしているか、との問いには、30.8%が「よくしている」、54.2%が「ときどきしている」と回答。約85%がおうち時間を楽しむための工夫をしていることがわかった。InstagramやYouTubeを参考にしているという声も多く、おうちで過ごす時間が増えている今だからこそ、ストレスなく楽しめる遊びを一緒に探している人が多いようだ。

 具体的な回答をいくつか紹介しよう。身体を使った遊びの工夫としては、「カタログ等破かれてもいいものを出して、ビリビリに破る大会をしている(子供1歳)」「ふとんやクッションでコースを作り、体を動かす遊びをしている。子供にコースを考えてもらい一緒に作るように工夫している(子供1歳未満、3歳)」等。「お風呂を暗くして色んな色に光るライトを入れてナイトプールのように遊んでいる(子供4歳)」「長男が学校の理科の実験で使用した空気砲をお風呂で遊ばせた(子供8歳、10歳)」等、お風呂で非日常感を演出して楽むアイデアもみられた。

 定番の工作・DIYでは、「手作りのすごろく作り。時間と手間がかかり大変だが、作る過程からずっと楽しめる(子供4歳、6歳)」「ベニヤ板にホールドを付けて、簡易のボルダリング壁を作成して庭に設置(子供2歳、4歳)」といった、時間と手間をかけた本格的な意見も。「夏祭りごっこ等、各季節にあった行事を家で子供主体で行う。準備から楽しめた(子供1歳、5歳)」「家の中でクローゼットに懐中電灯を吊るして冒険ごっこ(子供2歳、4歳、7歳、9歳)」といった工夫もあげられた。

 「パンを焼いたりお菓子を作ったり。できるだけ手先を動かせるものを作っている(子供2歳)」「ホットプレート等で子供も参加できる料理をしている(子供7歳)」等、大人も楽しめる料理やお菓子もおうち時間の定番アイデアとなりつつある。その他、「歴史人物カルタなど勉強になるものを楽しみながら遊んでいる(子供7歳、9歳)」「ダンボールで47都道府県をめくってあてるようなおもちゃ作り。絵具を使ったので子供が楽しいと大喜びだった(子供6歳)」といった学習系や、「雨の日に大きいレジャーシートを敷いて思いっきり絵具遊びをしている(子供2歳)」「ベランダに芝生を敷いて裸足で遊べるようにした(子供2歳)」など、子供が思い切り遊べるような環境作りを工夫している例もあった。

 この機会に、お出かけできないからこそできる遊び、家族の楽しみ方を見つけてみてはいかがだろうか。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top