夏のボーナス、平均84万1,150円…業種別では建設がトップ

 日本経済団体連合会(経団連)は2021年6月25日、「2021年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(第1回集計)」を公表した。大手企業における夏のボーナス平均妥結額は、前年(2020年)比7.28%減の84万1,150円であった。

生活・健康 その他
日本経済団体連合会
  • 日本経済団体連合会
  • 2021年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)第1回集計
 日本経済団体連合会(経団連)は2021年6月25日、「2021年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(第1回集計)」を公表した。大手企業における夏のボーナス平均妥結額は、前年(2020年)比7.28%減の84万1,150円であった。

 調査対象は、原則として東証一部上場、従業員500人以上、主要21業種大手251社。20業種143社の妥結が把握されているが、このうち39社は平均額不明等のため集計より除外している。

 大手企業における夏のボーナス平均妥結額は84万1,150円。2020年の妥結額90万7,151円より7.28%減少している。

 業種別では、建設が前年比4.14%減の131万8,655円、電機が前年比1.51%減の91万6,907円、食品が前年比2.11%増の89万7,623円、自動車が前年比10.76%減の87万9,626円等。

 製造業と非製造業で比べると、製造業99社の平均は前年比6.52%減の84万2,115円、非製造業5社の平均は前年比13.46%減の83万2,485円。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top