東進オンライン学校、サービス拡充し7/1より入会受付再開

 東進オンライン学校は2021年7月1日より、小・中学生の有料会員向けに提供するサービスを拡充し、入会受付を再開する。これにあわせて、7月に新規入会した生徒を対象に、夏の特別授業の提供と受講料割引の2つの入会特典が付くキャンペーンを展開する。

教育ICT 小学生
東進オンライン学校
  • 東進オンライン学校
  • 算数の授業の秘密
  • 高速マスター基礎力養成講座
  • 小学部授業風景
  • 中学部授業風景
 東進オンライン学校は2021年7月1日より、小・中学生の有料会員向けに提供するサービスを拡充し、入会受付を再開する。これにあわせて、新規入会した生徒を対象に、夏の特別授業の提供と受講料割引の2つの入会特典が付くキャンペーンを展開する。

 東進オンライン学校は「いつでもどこでもだれにでも最新にして最高の教育を提供する」という東進の「教育の機会均等」の理念に基づき2020年に開講したオンライン学習サービス。小・中学生を対象に、算数・国語、数学・英語の授業を提供している。サービス拡充のため入会受付を停止していたが、7月から新規入会受付を再開する。

 新サービスとして、小学生対象の「算数チャレンジ問題演習(ワンポイント授業付き)」と中学生対象の「高速マスター基礎力養成講座(英語・数学)」を、有料会員向けに新たに提供開始。小学生対象の「算数チャレンジ問題演習」は、自ら問題を解ける力が身に付く専用の演習問題を提供。手ごたえのある応用問題を扱うため、問題を解くためのヒントを伝える「ワンポイント授業」も用意している。あくまでヒントのみ提供し、「自分の力で解けた!」という成功体験の積み重ねで理解を深める仕組みと、月に1度の「月例テスト」で学習範囲のポイントがしっかり身に付いていく。

 中学生対象の「高速基礎マスター講座」では、中学生にとっての関心事である「学校の成績向上」を実現するために、東進生が利用している「高速マスター基礎力養成講座」の一部を提供。数学の「中学計算トレーニング」では、分数計算から2次方程式まで全部で40の分野に分け、範囲ごとに計算演習を重ねることで数学の土台となる計算力をしっかりと身に付ける。英語は、中学範囲の英単語を短期間で修得できる「中学英単語1200」を提供。スマートフォン版のアプリもあり、いつでも、どこでも英語力の基本となる単語力を鍛えることができる。

 今回のリニューアルに伴い、2大特典付きの入会キャンペーンも実施。7月31日までに有料コースに入会すると、通常の授業に加えて、小学生は「読書感想文」「自由研究」「社会」「理科」等、全6種の夏の特別授業が、中学生は「未来発見講座」が受講可能となる。さらに、サービス拡充に伴い7月からは受講料がひと月あたり3,278円(税込・12カ月1括払いの場合)となるが、8月31日までに入会した場合に限り、受講料がひと月あたり2,178円(税込)となる。

 申込みについては、7月1日より東進オンライン学校のWebサイトで確認できる。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top