【夏休み2021】イーオン、英語でプログラミング学べる短期教室

 イーオンは2021年7月30日から8月28日の毎週金曜日と土曜日、小学校1・2年生を対象に、イーオン銀座校にて「プログラミング教育」を取り入れた夏休み短期教室を開催する。事前申込制。

教育ICT 小学生
「パズル」「ロボット」の2種類のカリキュラム
  • 「パズル」「ロボット」の2種類のカリキュラム
  • ネットワーク接続イメージ
  • イーオン
 イーオンは2021年7月30日から8月28日の毎週金曜日と土曜日、小学校1・2年生を対象に、イーオン銀座校にて「プログラミング教育」を取り入れた夏休み短期教室を開催する。事前申込制。

 イーオンで実践する「英語×プログラミング教育」では、外国人教師がオンラインで遠隔指導をし、教室では日本人スタッフのサポートのもと、小学校低学年の子供が英語によるプログラミング学習を体感することができる。

 夏休み短期教室「未来型スキル育成コース」では、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・アート(Arts)・算数/数学(Mathematics)を総合的に学ぶSTEAM教育における「ものづくり」の導入で思考基盤をつくる。

 アーテック社の「パズル」「ロボット」の2種類の教材を活用したカリキュラムがあり、「パズル」では、ブロックを使って図形パズルやゲームに挑戦する。

 形合わせや立体パズルなど、ルールは簡単だけれど、なかなか解けない問題に、ブロックを使って手を動かして取り組むことで、図形や立体をイメージする力をトレーニングする。

 「ロボット」では、モーターやギアを使って仕組みを利用したロボットを作成する。ブロックだけではなく、モーターやギアなどを組み合わせることでロボットの動きや仕組みを学び、自分だけのオリジナルロボットを作ることができる。

 プログラムを通して、試行錯誤を繰り返すことで改善に近づける「問題解決力」(論理的思考力)や、空間認識に必須の「図形力」、途中で投げ出さない「集中力」等を養う。

 定員は、各クラス6組(子供1名・保護者1名)。受講料は教材費を含む1万円(税込)。参加希望者は、オンライン予約専用Webサイトにて申し込むこと。

 イーオンは、今後の全国的な事業展開も検討し、「ものづくり」導入による未来型の思考基盤づくりを目指すとしている。

◆夏休み短期教室「未来型スキル育成コース」
日時:
【金曜日クラス】2021年7月30日、8月6日、8月20日、8月27日(17:00~17:50)
【土曜日クラス】2021年7月31日、8月7日、8月21日、8月28日(10:00~10:50)
会場:イーオン銀座校(東京都中央区銀座4丁目6-1三和ビル3階)
対象:小学校1~2年生 ※英語レベルは問わない
定員:各クラス6組(子供1名+保護者1名)
締切:定員となり次第
受講料:10,000円(教材費・税込)
申込方法:Webサイトにて申し込む
《鈴木あさり》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top