駒澤大法科大学院、学校問題を考える市民ロースクール7/10

 駒澤大学法科大学院は2021年7月10日、第16回市民ロースクール「学校問題への対応の仕方~教職員の視点、生徒・保護者の視点~」をオンラインで開催する。参加無料。事前登録制で、7月7日午後6時までWebサイトで申込みを受け付ける。

教育イベント 高校生
駒澤大学法科大学院
  • 駒澤大学法科大学院
  • 駒澤大学法科大学院 第16回市民ロースクール「学校問題への対応の仕方~教職員の視点、生徒・保護者の視点~」
 駒澤大学法科大学院は2021年7月10日、第16回市民ロースクール「学校問題への対応の仕方~教職員の視点、生徒・保護者の視点~」をオンラインで開催する。参加無料。事前登録制で、7月7日午後6時までWebサイトで申込みを受け付ける。

 駒澤大学法科大学院は、世田谷区にある唯一の法科大学院として身近な法律問題に関する情報や知識を提供するための連続講座「市民ロースクール」を開講している。

 第16回となる今回は「学校問題への対応の仕方」をテーマに実施する。当日は学校法人や保育事業等をおもな顧問先とし、いじめに関する講演も行っている弁護士の大塚翔吾氏が登壇。いじめやけんか、暴力等、学校生活で生じるさまざまな問題に対して教職員はどのように対応すべきか、生徒・保護者はどのように向き合うべきか、子供たちにとってより良い対応とは何かについて、共に考える。

 開催は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンライン会議システム(Zoom)を使用して行う。事前登録制で、申込みは駒澤大学法科大学院のWebサイト内、申込みフォームにて受け付けている。

◆駒澤大学法科大学院 第16回市民ロースクール
「学校問題への対応の仕方~教職員の視点、生徒・保護者の視点~」
日時:2021年7月10日(土)10:00~11:30
形式:オンライン開催(Zoom)
講演者:大塚翔吾氏(翠光法律事務所弁護士、駒澤大学法科大学院非常勤講師、駒澤大学法科大学院修了生)
申込方法:駒澤大学法科大学院のWebサイト内、申込みフォームから申し込む
申込締切:2021年7月7日(水)18:00
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top