会計リテラシーを学校教育に…教育シンポジウム7/16

 日本公認会計士協会は2022年7月16日、学校教育と会計リテラシーをテーマにした教育シンポジウム「第1回jicpa会計教育シンポジウム」を開催する。東京のリアル会場とオンライン会場のハイブリッド開催。いずれの形式も事前の申込みが必要。参加費は無料。

教育イベント 先生
jicpa会計教育シンポジウム
  • jicpa会計教育シンポジウム
  • jicpa会計教育シンポジウム

 日本公認会計士協会は2022年7月16日、学校教育と会計リテラシーをテーマにした教育シンポジウム「第1回jicpa会計教育シンポジウム」を開催する。東京のリアル会場とオンライン会場のハイブリッド開催。いずれの形式も事前の申込みが必要。参加費は無料。

 シンポジウム開催の背景には、会計知識に対する教育現場の関心の高まりがある。2021年4月からは中学校の社会科、2022年4月からは高等学校の公民科で「会計情報の活用」が取り上げられている。それに加え、公認会計士法の改正にともない「会計教育の普及・啓発」も法定された。

 シンポジウムでは「生きる力に直結!会計リテラシーを学校教育に」をテーマに、教育や会計の専門家が登壇。中高生への教育に求められる会計リテラシーの重要なポイントを、それぞれの立場から解説する。

 対象は、中学校・高等学校の教員や学校教育関係者、金融教育・消費者教育関係者、会計研究者、公認会計士等会計教育に関心のある人。リアル会場・オンライン会場ともに事前申込が必要。リアル会場は定員100名となっている。申込締切は7月13日まで。

◆第1回jicpa会計教育シンポジウム「生きる力に直結!会計リテラシーを学校教育に」
日時:2022年7月16日(土)15:00~18:00(予定)
会場:リアル会場(都市センターホテル5Fオリオン)/オンライン会場(Zoom配信)
対象:教員・学校教育関係者(特に中高社会科)、金融教育・消費者教育関係者、会計研究者、公認会計士
リアル会場の入場定員:100名(要事前予約)
申込締切:2022年7月13日(水)
参加費:無料
申込方法:Webサイトから申し込む



《竹間たまみ》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top