【NEE2014】PISAショックからの立ち直りと「総合的な学習の時間」…尾崎春樹氏 9枚目の写真・画像

 国立教育政策研究所の前所長である尾崎春樹氏は、OECDの学習到達度調査(PISA)で日本の生徒の学力が落ちたという問題(PISAショック)から、近年回復傾向にあるのは「脱ゆとり」による指導要綱の改訂よりも「総合的な学習の時間」の効果ではないかという講演を行った。

教育ICT 行政
SESと学力の問題は国が対応すべき
SESと学力の問題は国が対応すべき

編集部おすすめの記事

特集

page top