燃料電池の発電を「超高効率」…九大と東京ガスが理論設計 3枚目の写真・画像

 九州大学は7月29日、燃料電池に関する研究と、先天性免疫不全症候群に関する研究の成果について発表。高効率発電を特長とする固体酸化物形燃料電池(SOFC)の発電効率を、飛躍的に向上させる技術の理論設計に成功したという。

生活・健康 その他
ICF症候群について
ICF症候群について

編集部おすすめの記事

特集

page top