国内タブレット端末、文教市場はWindowsシェア拡大へ 2枚目の写真・画像

 MM総研は11月17日、2016年度上期の国内タブレット端末の出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数は前年同期比13.0%減の388万台。文教市場はWindowsとの親和性が高く、停滞しているWindowsシェアが今後は拡大していくと推測されている。

教育ICT その他

編集部おすすめの記事

特集

page top