埼玉・訪日観光客に麻しん患者、疑いある場合は医療機関受診を 1枚目の写真・画像

 埼玉県は平成30年5月2日、県内において、来日した観光客の麻しん(はしか)患者が報告されたことを発表。昨今の国内の一部地域や海外における流行状況を踏まえ、広く情報提供を行うもので、麻しんを疑う症状が現れた場合には、速やかに医療機関を受診するよう呼びかけた。

生活・健康 その他
埼玉県「麻しん(はしか)患者の発生について(注意喚起)」
埼玉県「麻しん(はしか)患者の発生について(注意喚起)」

編集部おすすめの記事

特集

page top