民法改正案可決、2022年4月から成人年齢18歳に 2枚目の写真・画像

 平成30年6月13日、参議院本会議にて「民法の一部を改正する法律案」が可決された。平成34年(2022年)4月より、成年年齢が18歳へと引き下げられる予定。参議院法務委員会の附帯決議では、引下げに伴う消費者被害の拡大を防止する措置を講ずるよう政府に求めている。

生活・健康 その他
法務省「民法の一部を改正する法律案」
法務省「民法の一部を改正する法律案」

編集部おすすめの記事

特集

page top