高等専門学校生に関するニュースまとめ一覧(21 ページ目)

北九州市、地元企業と学生の交流イベントで仕事体験8/28-29 画像
教育・受験

北九州市、地元企業と学生の交流イベントで仕事体験8/28-29

 北九州市は14日、地元企業と学生の交流イベント「『北九州ゆめみらいワーク』~わたしたちの“しごと”と“まなび”をかんがえよう~」の開催を発表した。日時は8月28日、29日の10時~18時。会場は西日本総合展示場の新館(北九州市小倉北区)。

SFC研究所、未来のモバイルアイデア募集 画像
デジタル生活

SFC研究所、未来のモバイルアイデア募集

 慶應義塾大学SFC研究所主催による第6回「スマホ未来コンテスト」が開催される。応募資格は小・中・高校生・専門学校生・大学・大学院生で、応募期間は9月30日まで。スマホ社会の未来を明るくするアイデアを広く募集する。

国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト、日本から30校59チームが参加 画像
生活・健康

国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト、日本から30校59チームが参加

 電気自動車普及協会(APEV)は、「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」の参加校を発表した。日本から30校59チーム、海外6か国から14校39チーム、合計44校98チームが参加。入賞作品は「SMART MOBILITY CITY 2015」にて展示される。

大学と地域が連携、「地(知)の拠点整備事業」パンフレット作成 画像
教育・受験

大学と地域が連携、「地(知)の拠点整備事業」パンフレット作成

 文部科学省は平成25年度から「地(知)の拠点整備事業」を実施。大学等が自治体と連携し、地域の教育・研究・社会貢献を進め、地域コミュニティの中核的存在として機能強化を図ることを目的に行っている。今回、多くの人に理解してもらうためにパンフレットを作成した。

【夏休み】昭和シェル、小~高校生対象の環境フォトコンテスト作品募集 画像
教育・受験

【夏休み】昭和シェル、小~高校生対象の環境フォトコンテスト作品募集

 昭和シェル石油は、次世代育成と環境に関わる社会貢献活動として、第11回昭和シェル石油環境フォトコンテスト「わたしのまちの○まると×ばつ」を実施する。今回より、一般部門を廃止し、対象を小学校~高等学校・高等専門学校に限定。応募期間は7月1日から9月30日まで。

平成25年度の奨学生、半数以上が貸与制度を利用…JASSO 画像
教育・受験

平成25年度の奨学生、半数以上が貸与制度を利用…JASSO

 平成25年度の奨学生数は428,103人にのぼり、貸与制度の奨学生がもっとも多いことが、日本学生支援機構(JASSO)の調査から明らかとなった。実施団体では「学校」がもっとも多く、全体の6割近くを占めている。

活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰…6/25締切 画像
生活・健康

活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰…6/25締切

 科学技術振興機構と新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「大学発ベンチャー表彰~Award for Academic Startups~」を実施する。大学等の成果を活用して起業した、今後活躍が期待されるベンチャーと、その成長に寄与した大学や企業等を表彰する。

関大、高校生や大学生対象の新事業のビジネスプラン募集6/13まで 画像
教育・受験

関大、高校生や大学生対象の新事業のビジネスプラン募集6/13まで

 関西大学商学部は、全国の高校生・大学生を対象にビジネスプラン・コンペティション「KUBIC2015」を開催する。個人もしくは8名以内のグループで応募可能で、6月13日まで受け付けている。書類審査通過者は、10月3日に開催される本選会へと進む。

文科省、夏期インターン実施…中学~大学院生を募集 画像
教育・受験

文科省、夏期インターン実施…中学~大学院生を募集

 文部科学省は、中学生~大学院生を対象とした夏期インターンシップを実施する。実施期間は、7月13日~9月18日の間で各局課室が設定する期間。応募は、所属する学校を通じて5月21日12時までにメールで応募書類を提出する。

国際科学オリンピック、化学・生物学・物理で受付開始 画像
教育・受験

国際科学オリンピック、化学・生物学・物理で受付開始

 高校生らを対象とした全国規模のコンテスト「化学グランプリ」「日本生物学オリンピック」「物理チャレンジ」で、申込みの受付が始まった。いずれも日本代表選考を兼ねており、参加資格を満たした成績優秀者は国際大会に派遣される。

Imagine Cup 2015日本予選大会、プレゼンテーション詳細 画像
教育ICT

Imagine Cup 2015日本予選大会、プレゼンテーション詳細

 4月11日、羽田空港国際線旅客ターミナル4階のTIAT SKY HALLで開催された、Microsoft主催の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2015 日本予選大会」について、4月13日のイベント概要紹介に続き受賞作を中心としたプレゼン内容を紹介する。

都内の高校生対象「東京都育英資金」、奨学生を募集 画像
教育・受験

都内の高校生対象「東京都育英資金」、奨学生を募集

 東京都私学財団では、都内在住の高校生、高等専門学校生、専修学校生を対象とした「東京都育英資金奨学生」を募集している。月単位での貸付となっており、貸付月額は18,000円から53,000円。申込みは学校を通じて、締切日は各学校が指定する。

19・20歳限定「Jマジ!」…対象クラブ32、約360試合が観戦無料 画像
趣味・娯楽

19・20歳限定「Jマジ!」…対象クラブ32、約360試合が観戦無料

 じゃらんリサーチセンターは、日本プロサッカーリーグとともに実施している「Jマジ!~J. LEAGUE MAGIC~」に新たなクラブの参画が決定し、対象クラブが32に拡充されたと発表した。

18歳以上の学生対象、超小型EVデザインコンテスト募集開始 画像
生活・健康

18歳以上の学生対象、超小型EVデザインコンテスト募集開始

電気自動車普及協会(APEV)は30日、東京大学で「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」のキックオフ記者発表会をおこなった。このコンテストは18歳以上の学生を対象にしたもので、APEVが主催。2013年に第1回が開催され、今回が2回目となる。

学生ITコンテスト「Imagine Cup」4/11日本大会…最優秀賞は世界へ 画像
教育ICT

学生ITコンテスト「Imagine Cup」4/11日本大会…最優秀賞は世界へ

 世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2015」の日本予選大会が4月11日、羽田空港国際線旅客ターミナル内「TIAT SKY HALL」で開催される。9チームが、プレゼンテーションと質疑応答による公開審査に臨む。一般の観覧も可能(事前登録制)。

インターンシップ、大学4年生の21.8%が経験…視野が広がった 画像
教育・受験

インターンシップ、大学4年生の21.8%が経験…視野が広がった

 日本学生支援機構は3月26日、「学生に対するインターンシップ実施状況調査(平成26年度)」の結果を発表した。インターンシップは大学4年生の21.8%が経験し、役立ったことでは「視野が広がった」「社会で働くイメージが明確になった」という回答が多かった。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 16
  4. 17
  5. 18
  6. 19
  7. 20
  8. 21
  9. 22
  10. 23
  11. 24
  12. 25
  13. 26
Page 21 of 26
page top